芸能

みのもんたが過去の傲慢を反省?オノ・ヨーコから学んだ「最低の芸能人」

 タレント・みのもんたが3月7日放送の「朝からみのもんた」(読売テレビ)で、ニューヨークと東京でたまたま出会ったオノ・ヨーコとのエピソードを語った。

 前回の同番組で、王貞治氏のWBC優勝ボール、故・渡哲也さんの直筆の手紙を“超貴重コレクション” として披露したみの。今回も引き続き紹介したのがオノ・ヨーコの直筆サインだった。

 みのによると、夏休みにニューヨークに遊びに行った際、日本の有名な甘味処が出店したと聞き、家族と出かけたところ、夏なのに薄いレザーの黒いジャケットに細身のスカートの女性がスッと入ってきて「こんにちは」と小さい声で挨拶してきたという。

 日本人客の多い店なので、単に自分を知っている客だと思ったみのは軽く会釈。帰り際にも「どうも」と言われ、みのも「どうも」と返したが、2回も挨拶して、なんだあの人は、と思っていたという。すると娘が「パパ、あの人ジョン・レノンの奥さんじゃない?」。急いでレジの担当者に聞くと、「オノ・ヨーコさんです。みのさんご存知なんでしょう。ご挨拶してたじゃないですか」と返ってきたそうだ。

“本物”と知って愕然としたみのは自分のそっけない態度を振り返り、「嫌だねえ、典型的な最低の芸能人ね」と反省の弁。

 それから2カ月も経たないうちに、今度は東京のホテルオークラのロビーでヨーコと再び遭遇。「ニューヨークでは失礼して…」と声をかけると、ヨーコは「何が?」。「いや、ちゃんとご挨拶もしないで」と詫びると、「何言ってんのよ」と答え、そのときにもらったのが、披露した色紙だとか。

 色紙には「ひとりで見る夢はただの夢みんなでみる夢は現実になる」とのメッセージの最後に「ニューヨークにて」と書かれていた。みのは「今、僕があえてオークラのロビーと言ったのは、ニューヨークでって書いてくれてるでしょ。オノ・ヨーコさんはちゃんと その時を覚えてるわけ。それが怖かった…」と回想。

 みのは「それ以来、僕もね、渡(哲也)さんの真似をして、誰に挨拶されても、スタッフに挨拶されても、(スッとソファから立ち上がって)『こんにちは』(と言うようにした)」と語ったが、自分の傲慢さを自分以上の大物に教えられたということだろう。

(鈴木十朗)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    バーガーキングが「空き物件」募集「成約で10万円」太っ腹作戦の狙い

    ファーストフードチェーン「バーガーキング」が2月5日から、出店してほしい物件を応募フォームから送ると特典がもらえる「バーガーキングを増やそう」キャンペーンを開始した。紹介した物件に出店が決まった場合には、何と10万円がもらえるという。「同チ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
さいたま市民が埼玉高速鉄道の「延伸」を熱望するのは「大宮駅で乗り換え」がダメダメすぎるから
2
スタンフォード大学入りする佐々木麟太郎が目指すのは大谷翔平ではなくあの「世界No.1ゴルファー」
3
宇都宮ライトレール「快速運転開始」で聞こえる「住みたい街ランキング4位」宇都宮市の高笑い
4
「ドジャースVSパドレス」韓国開幕戦で「山本由伸先発」が決まったのは巨額放映権料の特権
5
巨人阿部監督「宮崎キャンプ」でファンへの塩対応