スポーツ

古川奈穂&永島まなみ、“藤田菜七子を脅かす”新人騎手の「騎乗力」大研究!

 3月6日土曜日の阪神競馬場。レース後の検量室には、昨年に史上8頭目の「無敗の三冠馬」となったコントレイルを預かる矢作芳人調教師の姿があった。

 傍らに立つのは同厩舎に所属し、ジョッキーとしてデビューした古川奈穂(20)。パトロールビデオの映像を真剣に見ながら、矢作師の身振り手振りを交じえた熱心な指導に、真剣な面持ちで耳を傾けていた。

 それもそのはず、この日の古川の乗鞍は5レースで、最高着順が8R(4歳以上2勝クラス・芝2000メートル)の5着。残りのレースは掲示板に乗ることすらかなわなかったからだ。デビューの余韻に浸る余裕はないのだろう。

 一方、小倉競馬場でも、新・師弟コンビが、レース後の入念な反省会を行っていた。高橋康之調教師と、古川と同時にデビューした永島まなみ(18)である。

 永島の初騎乗は小倉2R(3歳未勝利・芝1800メートル)。4着と健闘したものの、これが同日騎乗した3レースでの最高成績。各レースごとに映像を見返し検討を繰り返したが、馬券に絡めず、悔しそうな表情がありあり。師匠がその場を離れても、ノートに反省点を細かくメモしていた。

 この日デビューの2人は、中央競馬では藤田菜七子(23)以来、5年ぶりの女性騎手。競馬学校在籍時から、ファンや関係者に知られた存在だった。

 悔しいデビューに終わった愛弟子に、互いの師匠は叱咤激励を送っている。この日の古川に対する矢作師の採点は「30点」、高橋師の永島への採点は「40点」となかなかの辛口。しかし、若きヒロイン2人はそれを発奮材料にしたようだ。

「古川は3月13日の阪神6R(3歳1勝クラス・芝1600メートル)で厩舎の先輩、坂井瑠星騎手のお手馬・バスラットレオンで初勝利。永島も翌14日の中京2R(3歳未勝利・ダ1800メートル)で逃げ切りに成功し初白星を挙げました」(専門誌トラックマン)

 先輩の藤田はJRAデビュー戦を2着と大健闘したが、実は初勝利までには1カ月以上を要している。3月16日発売の週刊アサヒ芸能3月25日号では、「藤田菜七子越え」を期待される新ヒロイン2人の素顔から「狙える馬券」までを徹底的に誌上審議する。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
芦田愛菜、「おっきい」「太い」発言に視聴者が敏感反応!滲み出始めた“色香”
2
唐橋ユミ、バストが重すぎ?生放送中に“肌着ズレ”スタッフ慌てた事故映像
3
熊田曜子だけじゃない!?「大人の夜の玩具」を愛用する女性芸能人とは?
4
神田愛花、「水バラ」名物お風呂シーン“NG”に上がった大ブーイング!
5
太川陽介に不要論も!?テレ東「旅番組」新企画の気になる評判