芸能

岩崎宏美 楽屋で和田アキ子に教えられたこととは?

テリー 改めて45年前を思い返すと、あの頃ってどんな気持ちだったの?

岩崎 高校2年生で初めてのレコーディングを体験した時は、ヘッドホンから聴こえてくる音楽が心地よくて心地よくて。お風呂で歌ってるみたいな声が、そのまま楽器とともに入ってくるわけじゃないですか。生の楽器の音の美しさとか、録音技術の高さとか、やっぱりプロの世界ってすごいなと思いました。

テリー それ、16歳ぐらいで感じるってすごいよね。普通は「うまく歌えるかしら」とか「ヒットするかしら」とか「今日の私、可愛いかな」とか、そっち側に意識が行くような気がするんだけど。

岩崎 そうなんですかね。アイドル的な売られ方をしてなかったからかな。

テリー もともと音楽はやってたの?

岩崎 合唱団にいました。

テリー あ、やっぱり基礎があったんだ。歌うまいもんなぁ。で、デビューしてドーンと行ったでしょ。

岩崎 2曲目の「ロマンス」ですね。デビューして3カ月後です。

テリー それは普通の(江東区)深川のお嬢さんとしては、どうだったの?

岩崎 高校から堀越学園に行くようになったんですけど、1年の時は誰も私のこと知らないから、電車で寝てても起こしてくれないんですよ。でも、2年生からは「(降車駅の)中野ですよ」って起こしてくれるようになって。それだけ顔を知られるようになったんだなとは思いましたね。

テリー あんな人気だったのに、電車で通ってたんだ。

岩崎 そうですよ、東京出身ですから。で、中野駅を出たところに大きいパチンコ屋さんがあって、いつも「ロマンス」がかかっていて。それで「あぁ、『ロマンス』は売れてるんだな」って感じましたね。

テリー で、パチンコ屋に入ったんでしょ。

岩崎 いや、入らないですよ(笑)。当時は今みたいにみんなヘッドホンじゃなくて、街に音楽があふれてましたからね。

テリー そういう時代だったよね。でも、それってうれしいね。

岩崎 もちろん、すごくうれしかったです。あと忘れられないのは、同じレコード会社所属だった桜田淳子さんが私のところに来て。

テリー どっちが年上?

岩崎 同い年です。ただ、淳子ちゃんのほうが芸能界では3年か4年先輩で。その淳子ちゃんに「宏美ちゃんの『ロマンス』すごく大ヒットしてるけど、私も頑張るから」って楽屋で言われたんですよ。でも先輩だから、何て答えていいのかわからなくて「はい」って。後にも先にもそんなこと言ったのは淳子ちゃんだけです。

テリー へぇ。昔は楽屋が個室じゃないから、そういうことも多かったのかな。

岩崎 1部屋に女性、1部屋に男性っていう感じで分かれてるだけでしたよね。だから、すごくお行儀見習いもできたし。

テリー 行儀見習いって?

岩崎 先輩たちの動きを見て、ああいうことはしちゃいけない、こういうことはしようとか。例えば、わかってないマネージャーさんだと新人をいちばん奥の鏡の前に座らせちゃったりするんですよ。そうすると「新人は手前よ」とか「化粧の前は使えないのよ」と先輩方が教えてくれるんです。

テリー 例えば誰?

岩崎 和田アキ子さんが「あなた、なんでそこに座ってるの。ここよ」とか。だから、すごい勉強になりました。

テリー 当時、大忙しだったでしょう。

岩崎 だから取材で「1日が25時間になったら、増えた1時間で何をしたいか」って質問に「また仕事入れられます」って言ったんです(笑)。当時はそのぐらい大変でしたね。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
アンゴラ村長がミニを自らめくって…出演者も慌てた突如の仰天行動
2
倖田來未、15年ぶりの番組ロケで明らかになった“Fカップバスト”の異変
3
「何で独身なの?」谷原章介「めざまし8」の発言に男性視聴者が“カチン”!
4
「辞めなきゃよかった」中居正広・米倉涼子がホンネを漏らした独立の“後悔”
5
広瀬すず、「ネメシス」大爆死よりファンが危惧する“バスト問題”とは?