スポーツ

“リアル二刀流”大谷翔平に「DH&守護神」の仰天プラン全貌!

 シーズンインしたアナハイムの街は、例年よりも色めき立っている。もちろんその理由は、われらが大谷翔平(26)にある。

「大谷はメジャー1年目オフに右肘靭帯再生のための『トミー・ジョン手術』を受けました。翌年は打者専念、去年はコロナ禍で試合数が減ったため、わずか2登板に終わっています。大谷本人も昨季の投手復帰を『まだ早かった』と振り返っていますが、ここに来てようやく活躍の機運が高まってきました。今季は、投げては100マイル(約161キロ)を連発し、直球の平均速度も去年と比べて7~8キロアップ。打ってはDH解除した先発投手として史上初のホームランを放つなど、話題に事欠きません」(在米スポーツライター)

 そのため地元のみならず、全米のスポーツメディアが大谷の一挙手一投足を注視しているという。

 もちろんチーム内でも大谷への信頼は絶大だ。シーズンMVPを3度受賞し、現役最高打者の呼び声が高いエンゼルスのチームメイト、マイク・トラウト(29)は、「今のオオタニは誰もが見たいと思った姿だ。もう、彼がやるべきことをやるだけだ」と、二刀流への期待を隠さない。同じく同僚で、メジャー通算2000打点、10年連続3割30本100打点という金字塔を打ち立てたアルバート・プホルス(41)も、「100年に1人かどうかの選手だ。ショウヘイが健康なら3割30本、20勝だってできるさ」と、太鼓判。大谷の異次元の才能を認めているのだ。

 そんな大谷に急浮上しているのが、「クローザー待望論」だ。MLB評論家の友成那智氏によると、

「エンゼルスはクローザーの質もいいとは言えません。DH、あるいは外野手あたりで打者として出場し、9回に登板するというプランがあったのです」

 4月12日発売の週刊アサヒ芸能4月22日号では、大谷のプレーヤーとしての新たな可能性について詳報する。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
謎の放置状態で急浮上した「クビになるタレント2人」の「証拠映像」
2
これは見ておくべき!谷まりあ「とんでもない大きさのバスト」を大サービス
3
「仕事がないものですから…」沢田研二が伏せていた「田中裕子との関係」/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
4
プロ野球「隠ぺいされた不協和音」ワースト7(3)原采配のシワ寄せを受ける巨人・坂本勇人
5
「サンモニ」上原浩治にも“不要論”関口宏・達川光男“噛み合わない騒動”の波紋