スポーツ

サンスポ水戸正晴の「絶対万券」論「ハーツラプソディが勝ち負け」

 桜が散り、春は燗慢。続くGI戦線は小休止。その谷間に行われるのは、サンスポ賞フローラSだ。関東は東京開催となるが、一段落というわけではない。来週から怒濤のごとくGI戦が6週続く。

 このフローラSはオークスの前哨戦。トライアルレース(3着までに優先出走権が与えられる)とあってみれば、しっかりと的中させ、本番を見据えなければなるまい。

 恐らく今年もフルゲート(18頭)、もしくはそれに近い多頭数での競馬になるだろう。桜花賞直行組がオークスでも──というケースは多いが、ここから本番で好走するノビシロのある新顔は、これまでにも少なくなかった。とにもかくにも、注目すべき重要な前哨戦であることは間違いない。

 ただ舞台は東京の芝2000メートル。中山の芝マイル戦と同様、多頭数になればなるほど内枠の馬が有利になる。というのも、スタート地点が2コーナーのポケット。加速がつくところで急に折れる最初のコーナーがあり、外枠を引いた馬は、ハジかれるなどの不利を被るケースが多々あるのだ。

 枠で言うと真ん中より内枠の馬が連に絡みやすい。ペースによるところもあり、外枠の馬が絶対不利とは言わないが、大外枠を克服して勝ち負けする馬は、本番でも既成の強敵相手に上位争いを演じることも少なくない。このへんは頭に入れておいていいだろう。

 いずれにしても新興勢力が多い中での争い。枠順のこともあり、簡単には決まらない。

 まずはデータをひもといてみよう。03年に馬単が導入されて以降、これまでの18年間、その馬単での万馬券は6回(馬連は5回)。この間、1番人気馬は6勝(2着2回)、2番人気馬は3勝(2着5回)。1、2番人気馬のワンツー決着は4回。堅い時は堅いが、半数以上は人気薄の馬が勝ち負けしており、波乱含みで難解な一戦だ。

 桜花賞に出走できなかった馬、遅れてきた評判馬がぶつかり合う一戦。狙いはそのキャリアが浅いものの素質を秘めた評判馬だ。1勝クラスは抽選になると思われるが、最も期待を寄せたいのは、ハーツラプソディである。

 未勝利戦を勝ち上がったばかりだが、その内容がよかった。最後は詰め寄られたが、早めに先頭に立ったのでソラを使った(気を抜いた)まで。余裕を残しての勝利だった。

 前走後はここ一本に的を絞っての調整。稽古の動きがよく、明らかに状態は上向きだ。

「まだ若さが多分に残っていて成長の余地は十分。それでもセンスのよさを感じさせる馬で、抑える競馬なら、しまいハジけていい。ひ弱さが抜けて使うたびに体がしっかりしてきた」

 と、厩舎スタッフは期待のほどを口にする。

 ハーツクライが父とあって距離が延びるのは歓迎。祖母デザートストーマーは米GIのBCスプリント勝ち馬で、母系は北米の一流血脈。よほどの外枠があたらなければ、勝ち負けになっていい。

 一方、阪神で行われるマイラーズCも混戦ムード。狙ってみたいのは、ザイツィンガーだ。

 これまで21戦中20戦が1400メートル以下。マイル戦は7着が1回あるだけで実績はないが、ズブくなった(エンジンのかかりの遅い馬で、道中、騎手が追っつけ通しでないと追走に苦労する)今なら十分対応できていい。

 前走は前の馬が壁になって脚を余す格好。強烈な末脚が身上で、一発があっていい。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
山本舞香、鈴木福くんの前で見せた“バスト渓谷見せ”過激衣装の賛否!
2
真木よう子、「Gバストがお腹に乗ってる」なド迫力オフショットにファン騒然
3
「木村文乃のバストを揉みしだく」東出昌大との驚愕映像に羨望の声!
4
木村文乃、“艶気なし”指摘を吹き飛ばす「前かがみ水着バスト渓谷」の破壊力!
5
本田望結、ボディ成長と美人化がどんどん進む!ファンも困惑の“ノビシロ”