スポーツ

元木大介が“クセ者”と言わしめたベンチ衝撃の本塁打と「名演技」

 巨人で1軍ヘッドコーチを務める元木大介氏と言えば、現役時代、類稀なる野球センスと観察眼、また勝負強さから、当時の長嶋茂雄監督は「クセ者」「スーパーサブ」と評していた。

 元木氏をクセ者として印象付けたのは、守備での“隠し玉”もあるだろう。ボールを投手に返球したフリをして走者の不意をついてのタッチアウト技には、何度も驚かされた。

 先ごろ、主に巨人で活躍した元プロ野球選手・清水隆行氏が、お笑いタレントのレッド吉田らが司会を務めるYouTubeチャンネル「こちら野球放送席」に出演。守備ではなく打撃面での元木氏のクセ者ぶりを明かしている。

 清水氏によれば、それは元木氏が打席に立ったスリーボールの場面。サードコーチャーを見て、そのサインに少し不満げな表情を浮かべていたといい、再度、サインを求めたが、やはり嫌がる表情を見せたのだとか。つまり、あからさまに「1球待て」のサインが出たことを演じて打席に入り、ピッチャーが安易にストライクを取りに来たボールをホームランしたと言うのだ。

 清水氏いわく、サードコーチャーの指示は「打て」だったようで、それをあえてもう1度サインを願ったところに、元木氏のクセ者ぶりが存分に発揮されたのだという。

 そんな元木氏も、今はコーチとしてのクセ者ぶりで選手を手玉に取っていたりして?

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
2
巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言
3
京都「会館」飲食店でついに値上げが始まったのは「他県から来る日本人のせい」
4
フジテレビ井上清華「早朝地震報道で恥ずかしい連呼」をナゼ誰も注意しない?
5
【鉄道】新型車両導入に「嫌な予感しかしない」東武野田線が冷遇される「不穏な未来」