スポーツ

横浜DeNA、三浦監督が苦悶する「最弱ドツボ」な悲哀劇場を実況中継!

 23日のヤクルト戦に大敗したことで、借金が今季ワースト17にまで膨れ上がった横浜DeNAベイスターズ。左肩手術から復帰したエース・今永昇太(27)が今季初登板を果たしたが、4回1/3で7安打6失点と見るに堪えない結果に終わった。もはや、最後の希望まで潰えてしまった三浦大輔監督(47)の苦悶ぶりを「週刊アサヒ芸能」がキャッチしている。

 不甲斐ないチームに対するファンの怒りは、三浦の家族にまで及んでいた。

「連敗中、某スポーツ紙で競馬記者をしている娘さんのツイッターアカウントに、球団を誹謗中傷するメッセージが寄せられるようになりました。中には、家族の人格まで否定するような文言も含まれており、娘さんは相当落ち込んでしまったそうです。1万人近くフォロワーのいたアカウントでしたが、削除されました」(球界関係者)

 家族に迷惑をかけた自責の念なのか、時を同じくして、三浦番長の表情も沈んでいく。

「試合後の会見で何を質問しても『あぁ…』や『う、うん…』などと、言いよどむようになりました。本来はサービス精神豊富な人柄です。春季キャンプ中の休養日には、番記者連中を引き連れて2軍の練習を視察しながら冗談を言い合う場面もありました。DeNAの取材は100%リモートで、負け試合は監督にしか取材ができないルール。気の利いたコメントをくれないので、おのずと紙面での扱いは小さくなるばかりです」(スポーツ紙デスク)

 極限状態にまで精神が参ってしまった頃だろうか。5月12日にレイズから筒香嘉智が戦力外通告を受けたとの一報が届けられたのだが、心ここにあらずのようだったという。

「『まだ新聞を見ただけなので、それについてコメントすることはないです』と、当たり障りのない言葉すら出てこない。そればかりか、娘さんから『筒香を呼び戻せばいいじゃない』と言われて、チームの弱小ぶりを意識させられたからか、本気で参っていたそうです」(前出・球界関係者)

 もはや悲哀を感じるほど、弱り切っている三浦監督やチームについて、5月25日発売の「週刊アサヒ芸能」6月3日号で詳報している。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
広島カープ「次の監督決定」秒読み!「アライさん」を支える「名参謀」入閣情報
2
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
3
松本伊代、それでもヒロミを選んだ“アイドル時代”群がった男たちの「接近手段」
4
衝撃発覚!あの紅白歌手に楽曲を提供した「薬物作曲家」の逮捕劇
5
安田美沙子、「感動の出産シーン」と真逆の“汚部屋”公開に“不衛生”非難が!