芸能

思惑通り!?水野美紀、「ぶっとい」「ぶち込んで」意味シン言葉連発が大反響

 ドラマ「奪い愛、冬」や「M 愛すべき人がいて」(いずれもテレビ朝日系)での怪演が注目を集めた水野美紀。インスタグラムの投稿もクセが強いことで一部ファンの間で有名だ。5月22日には何とも意味シンな投稿をして、男性ファンをざわつかせている。

 その投稿は水野が「リーキ」というネギの一種を調理し、食べたらおいしかったという内容。こう聞くと至って普通の内容に思えるが、言葉遣いが妙に艶っぽいのだ。

 水野はリーキを「ぶっといネギ」と表現。魚焼きグリルに「ぶち込んで」強火で20分ぐらい焼くのだという。こうして調理したリーキに塩をふって「パクリ」。その触感は「トロットロ」と表現している。

「みごとに艶事を思わせる言葉が並びました(笑)。狙ってやったのかどうかはわかりませんが、文章を読むと水野はおもしろがってやっているように思えます。彼女ならフォロワーをおもしろがらせようとしてこんな言葉を使っても納得です」(週刊誌記者)

 水野のような美女が極太ネギをパックンして、トロットロを舌の上で転がして味わっている所を想像すると興奮するという声も出ている。どうやら水野の思惑にまんまと載せられてしまったのかも!?

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「女子アナを辞める!」水卜麻美が「責任問題」で日テレ退社後に選ぶ「意外な職業」
2
市川海老蔵「神がかり3連単ボックス」馬券術(3)3285万円ブチ当てた
3
黒島結菜 どんどん出てくる「オトコ遍歴」と魔性素顔
4
戸田恵梨香のドラマ降板報道を吹き飛ばす「片バストがモロ見え」驚き映像
5
綾瀬はるか「バストを強調しすぎ!」ユニクロCMで批判の標的にされた“災難”