芸能

尾野真千子、「Fバスト口技」熟テクの圧巻!(終)「前張りなしマッパ」で“慰め行為”

 撮影の時は自身のラッキーカラーであるベージュの肌着にこだわるという、女優・尾野真千子。体当たり艶技も、とにかく濃厚で激しいシーンが多い。中でも、真骨頂と言えるのが、意外にも、テレビドラマ。14年に放送された松本清張ドラマスペシャル「坂道の家」(テレビ朝日系)だとベッドシーンに詳しいライターがこう話す。

「最初のシーンから期待値は上がります。舞台は漁港近くの田舎町。性に奔放な母親(笛木優子)がトラックに乗り込み、屈強な運転手に口で奉仕するシーンから始まるのです。車内で情交に及んでいるところを、幼いヒロイン・杉田りえ子(浜辺美波)が目撃。地上波で放送されたとは思えないほどの過激さです。この作品は美女と老人、初恋の相手の愛憎劇ですが、全編に妖艶で性的興奮を刺激するムードが漂っています」

 尾野演じる成長したりえ子は上京して、自分で美容室を開くことを夢見ながら、ホテルの理容室で働いている。そんなりえ子に一目惚れをするのが、下町で小さな寝具店を営む老人・吉太郎(柄本明)。吉太郎はりえ子が働く理容室に行き、居酒屋で飲む流れに。ベロベロに酔っ払ったりえ子を吉太郎が自宅まで送り届け、そのまま情交になだれ込む。りえ子の肉感的な太腿がドアップになり、清楚な白の胸用肌着からはくっきりと胸の渓谷が見える。汗ばんだ顔から首筋のラインがやたら艶っぽく、喘ぎ声も生々しい。吉太郎はバックで必死に挿入して果てるのだが、映画記者が続ける。

「傑作といえば、映画『真幸くあらば』(10年)は、尾野のマッパで自身を慰めるシーンが衝撃的です。尾野は月の光の中、服を脱ぎ去り、広くて真っ白なベッドにひざまずく。左手で自分の胸を揉みしだきながら、右手を股の間に伸ばして、クチュクチュといじり出した。当時の尾野の胸はCカップほどの小ぶりで、おわん型の美バスト。バストトップがビンビンに立つ本気度で、尾野自身がインタビューで、撮影時に前張りをしなかったと明かしていることもあり、『本当に慰め行為をしていたのでは』と妄想を掻き立てられたものです」

 現在公開中の映画「茜色に焼かれる」で推定Fバストをさらし、口技艶技も披露している尾野は、これまでにも意外にも艶技しまくっているいわば、“隠れ艶女王”とでも言うべき存在。40代をまもなく迎え、女優としての快進撃は始まったばかりだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
土屋太鳳、Gバストがくっついたり離れたり!弟・神葉に羨望の声が出た密着映像
2
芦田愛菜、ボディの“S字ライン”クッキリ急成長に「もう大人のオンナ」大絶賛
3
本田真凜に「大人のオンナ」指摘…宇野昌磨との関係も納得の“経験済み”進化
4
橋本環奈“Dバスト”がきつくて苦しい!?自ら明かした「肌着事情」
5
今田美桜、「バスト渓谷を露わ&超ミニ衣装」ブレイク前のレア映像にアクセス殺到!