エンタメ

藤井聡太、「初タイトル防衛に先勝」の裏で励む“独自トレーニング”全貌とは!?

 6月6日、「第92期ヒューリック杯棋聖戦」の第一局で、藤井聡太二冠(18)と前タイトル保持者の渡辺明三冠(37)が激突。昨年のリベンジに燃える渡辺の仕掛けに、真っ向から迎え撃つ藤井の実力が際立つ対局だった。将棋専門誌ライターが戦況を振り返る。

「先手の渡辺さんが選んだ戦型は、互いに居飛車の先の歩を動かす『相掛かり』。玉の周囲をあまり囲わないうちに戦いが始まり、指し手の早い激しい将棋になりました。まさに盤上の殴り合いで、開始から1時間も経たないうちに、両者とも袴の羽織を脱ぐ熱戦になりました」

 そして、どこか既視感のある序盤の展開にギャラリーがザワつき始める。現地で解説を務めた屋敷伸之九段が語る。

「二人が最後に対局した『朝日杯将棋オープン戦準決勝』(21年2月11日)と全く同じ進行でした。藤井二冠の大逆転勝利となった対局でしたが、終盤まで渡辺三冠の優勢で進んでいました。事前準備をした上で、雪辱を晴らしたい思いがあったのかもしれません」

 結果37手目までは前例を完コピした局面が続いた。先手必勝を試みた渡辺のシナリオに綻びが生じたのは、藤井が繰り出した42手目。常識破りの「8七同香不成」によってペースを乱されることになる。

「この一手には驚きました。セオリーでは敵陣に入った駒は成るものです。確かにこの場面では、成ったところで次に狙いに乏しかったので、あえて成らずに桂馬を取る手を残したのでしょう」(前出・屋敷氏)

 さらに、渡辺を思考の迷路へと誘う「神の一手」が炸裂する。

 激闘の対局は、藤井の90手目で投了。初防衛戦のみならず、渡辺三冠が持つ九段昇格記録(21歳7カ月)と屋敷氏の持つ最年少防衛記録(19歳7日)の更新という重圧が加わった中での完勝劇だった。6月15日発売の「週刊アサヒ芸能」6月24日号では、初のタイトル防衛戦に先勝した藤井が励むトレーニングをキャッチ。コンピュータ将棋ソフトを用いた「AI研究」や対人トレーニングを補う「感想戦」など、コロナ禍に動じない独自トレーニングの全貌に迫っている。

カテゴリー: エンタメ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
「木村文乃のバストを揉みしだく」東出昌大との驚愕映像に羨望の声!
2
皆藤愛子“復活”で注目を集めた色白“透け衣装バスト”の膨らみ具合
3
木村文乃、“艶気なし”指摘を吹き飛ばす「前かがみ水着バスト渓谷」の破壊力!
4
新井恵理那、「コスプレ7変化」披露で大反響呼んだエグすぎる“爆裂バスト”
5
小泉今日子が言及した「安室奈美恵が引退しちゃった」ワケ