スポーツ

野村克也監督が明かしていた選手の常套句「違和感」の“生みの親”

 6月29日は、昨年2月に亡くなった元プロ野球選手、監督として球界に名を刻んだ野村克也さんの誕生日だ。この日、阪神タイガースは甲子園球場で行われた東京ヤクルトスワローズ戦を追悼試合として開催している。

 これを受け、野村さんが監督を務めた楽天ゴールデンイーグルス時代に選手として活躍、2007年には楽天で本塁打王と打点王も記録した山崎武司氏が、自身のYouTubeチャンネルで野村さんとの思い出を振り返ったところ、プロ野球選手がよく口にする“あの言葉”が、実は野村さんが発祥か?といった、興味深い話を明かしている。

 動画では、「右肩の違和感で登録抹消とかね、足の“違和感”で抹消とか言いますよね。この、違和感っていうのをですね、野村監督が『あれは、俺が初めて言ったんだ』ってことをよく言ってました」と山崎氏。

 もっとも、本当に初めて口にしたのは最多勝のタイトルにも1度輝き、巨人キラーとして活躍したヤクルトのエース、川崎憲次郎氏だったそうで、「『あの違和感ってやつはな~、川崎憲次郎が作った言葉なんや~。あいつは毎回毎回、違和感違和感って言ってな、ファンはこの違和感がどういう意味か、なかなか理解できないわ』と野村監督が言っていたのを今でも覚えています」と、野村さんの口ぶりをマネて見せた山崎氏。

 今でも何かにつけて使われる“違和感”という言葉。川崎氏が生み出し、野村さんが流行らせた…そんな流れだったのかもしれない。

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「仕事がないものですから…」沢田研二が伏せていた「田中裕子との関係」/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
2
黒島結菜 どんどん出てくる「オトコ遍歴」と魔性素顔
3
「女子アナを辞める!」水卜麻美が「責任問題」で日テレ退社後に選ぶ「意外な職業」
4
これで大逆転!吉岡里帆が「バスト公開映像」を解禁した「背に腹は代えられない事情」
5
「ポスト水卜麻美」はショートカットにタプタプのバスト…小高茉緒の桃色天気予報が眼福すぎる