スポーツ

前田日明 今の国政は「くだらない政治ごっこ、政治ショー」

●ゲスト:前田日明(まえだ・あきら) 1959年、大阪府生まれ。1977年、「新日本プロレス」入団。84年に移籍した「第一次UWF」に至るまで、あらゆるリングで伝説の戦いを繰り広げた。88年、「第二次UWF」を旗揚げ、UWFムーブメントを巻き起こす。UWF解散後は、91年に総合格闘技団体「RINGS」を創設し、総合格闘技ブームを牽引。引退後は「HERO’S」スーパーバイザーも務め、現在は「The Outsider」をプロデュース。最新著書「日本人はもっと幸せになっていいはずだ」(サイゾー)発売中。

 抜群の格闘センスで日本中のファンを熱狂させてきた前田日明。選手としてだけでなく、これまで多くの格闘技団体を創設、プロデュースしてきた。そんな男の次なる対戦相手は日本!? 最新著書で振り下ろした正義の鉄槌に、天才テリーもノックダウン!

テリー ご無沙汰です。最新著書の「日本人はもっと幸せになっていいはずだ」が話題になってますね。

前田 ありがたいです。プロレスや格闘技とは全然関係ない本なので、どうかなと思ってたんですけど、想像以上の反響で、自分でも驚いてます。

テリー 今の日本にすごく憤ってますよね。いつからこういうことを考えるようになったんですか。

前田 やっぱり現役を引退して、結婚して、子供ができてからですね。自分は晩婚で、49歳の時に子供ができたんですよ。そうすると、その子が結婚するであろう30代の中頃には、自分は80、90になっちゃうんで、ちゃんと見届けてやれるんかなと。そう思いながら生活してると、政治の話がいろいろ聞こえてきて、そのたびに「あれ、なんでそうなってるの?」と疑問に思うことが増えて。

テリー 例えば?

前田 例えば、自分は仕事の関係で海外によく行くんですが、「なんで世界第3位の経済大国である日本の生活が、他の経済大国に比べて汲々としてるんだ?」とか。

テリー あぁ。

前田 そうすると税金なんかも「なんで国税と地方税の二重取りになってるんだ?」と疑問に思ったり。そもそも、源泉所得税なんて、昭和15年に戦費調達のために特別に行われた税法であるにもかかわらず、今も続いているんですよ。

テリー 僕は車が好きなんですけど、車関連の税金もいくつもありますからね。

前田 公立や国立の教育機関だって、海外は授業料タダってところが多いですよ。今回のコロナでも収入の80%とか、ほぼ100%に近い金額を補償した上で「ロックダウンするから営業を止めてくれ」とやっている国がある一方で、日本はわずかな援助金をチョコチョコっと出しただけで「営業を止めろ」と。それで今、何が起きてるかといえば、普通に銀座、六本木を歩けば、優良な場所の路面店は軒並みシャッターが下りてますよ。あと、よく聞くのは自殺ですね。関東圏内では毎日のように人身事故で列車が遅延してます。そういうこともほとんどニュースに取り上げられないで国会で何をやってるかといえば、花見がどうだとか、不倫がどうだとか。

テリー 本質じゃないですよね。

前田 くだらない政治ごっこ、政治ショーですよ。

テリー 日本は給料も先進国の中でいちばんアップ率が低いですからね。

前田 日本はこの30年、経済が停滞してるんです。テリーさん、今、韓国の一流企業に就職した大学生の初任給がいくらか、ご存知ですか。

テリー いくらですか。

前田 日本円で40万円前後ですよ。

テリー 日本の倍ですね。

前田 20万円って、自分が18歳で新日本プロレスに入った時、すでに大卒の初任給は20万円ですから。こんなの絶対におかしいんですよ。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
DeNA大型新人・度会隆輝「とうとう2軍落ち」に球団内で出ていた「別の意見」
2
「趣味でUber Eats配達員をやってる」オードリー若林正恭に「必死の生活者」が感じること
3
豊臣秀吉の悪口に反論したら「耳と鼻をそがれて首を刎ねられた」悲劇の茶人
4
桑田真澄に「偉業を全て盗まれた」同級生の元バッテリー捕手が明かす「ほとんど完全試合」時代
5
「3Aで最多安打記録」巨人に新加入の外国人ヘルナンデスに「超不吉なデータ」