政治

トランプ前大統領、久々にサプライズ登場も「お騒がせ健在」だったワケ

 9月11日(日本時間12日)、フロリダ州ハリウッドでプロボクシングヘビー級8回戦が行われ、元世界ヘビー級統一王者のイベンダー・ホリフィールド(米・58)が総合格闘技団体UFCの元王者・ビトー・ベウフォート(ブラジル・44)と対戦。10年ぶりの復帰に注目が集まったが、“レジェンド”ホリフィールドは見せ場を作ることなく、1回1分49秒でTKO負けした。

「当初は元6階級制覇王者のオスカー・デラホーヤ(米・48)が出場予定でしたが、新型コロナに感染したため、ホリフィールドに代役オファーが届きました。準備期間が短い中でも還暦前とは思えないほど体は絞れていましたが、公開練習で動きにキレはなく、パンチのスピードもスローモーションのように見え、ファンから出場は『無謀だ』と批判の声が高まっていたのです」(スポーツライター)

 その不安がリングで的中する形になったが、試合後にホリフィールドは「オレは傷ついていない。レフェリーは試合を止めるのが早すぎる」と、不満を漏らしていたという。

 そんな全米注目の一戦で、もう1人「批判」のスポットライトを浴びたのは、ゲストコメンテーターにサプライズ起用された米国のドナルド・トランプ前大統領だった。

「過去に世界最大のプロレス団体『WWE』の年間最大のビックイベント『レッスルマニア23』に登場するなど大の格闘技好きで知られ、白羽の矢が立ったようです。ただ、試合当日は米同時多発テロから20年が経った節目の日。事件の現場となった世界貿易センタービルの跡地『グランド・ゼロ』などで追悼式が行われ、バイデン大統領やオバマ氏ら同時テロ後の歴代大統領が出席する中、トランプ氏は欠席。ボクシングの解説を選んだことで、批判が噴出しています」(前出・スポーツライター)

 大統領の立場から退いても、「お騒がせ」ぶりは健在のようだ。

カテゴリー: 政治   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
楽天・田中将大に「不可解な動き」次回登板のメドなしで「無期限2軍」の不穏
2
【ボクシング】井上尚弥「3階級4団体統一は可能なのか」に畑山隆則の見解は「ヤバイんじゃないか」【2024年3月BEST】
3
藤吉久美子が「バス旅に出たい」衝撃宣言!夫・太川陽介には秘密だった「蛭子能収との約束」
4
「100%幽霊が出るからやめておけ」現地民がおののく観光地「ベトナム大量拷問死」施設
5
「すごく迷惑ですね」沖縄せんべろ居酒屋店員が嘆く「招かれざる客」のやりたい放題【2024年3月BEST】