スポーツ

日本名輪会・山口健治の「江戸“鷹の目”診断」/レース勘が戻った脇本雄太の圧勝劇

【岐阜「共同通信社杯」ヤマケンが注目する「決勝戦進出」有力候補12人!】◎脇本雄太/○松浦悠士/▲守澤太志/△古性優作/佐藤慎太郎/平原康多/新田祐大/郡司浩平/清水裕友/柴咲淳/吉田拓矢/眞杉匠

 2班選手でもグレード戦で好走していれば、予想は割り引かなくていい。

 今年のGII第3弾となる岐阜「共同通信社杯」(9月17日【金】~20日【月】)。今年初めてSS班の全9人が勢ぞろいし、2班選手では売り出し中の若手機動型が虎視眈々と大物食いを狙う。波乱があってもおかしくない4日間になりそうだ。

 脇本雄太を断然の主役に推すしかない。前走の向日町記念4連勝の決勝戦で、2周逃げて勝ったのは底力のなせる業。東京五輪後に2場所走ってレース勘は戻っている。展開不問の圧勝劇まであるのではないか。

 対抗は松浦悠士。向日町記念は準決勝で不覚を取ったものの、すぐに切り替えられるのが強みでもある。清水裕友とのタッグで脇本に肉薄する。あとは、直線伸びる守澤太志と、脇本をマークする古性優作がオールスター決勝戦を再現できるかどうかだ。

 前走の山口健治杯を勝ったからではないが、柴崎淳の好調ぶりが目を引く。6月にはGIII福井を勝ち、オールスターでも【3】【1】【5】【2】【8】と好走。温厚な性格そのままに失格はこれまでわずか2度しかなく、今週末で35歳になるが自力は健在。印は回らなかったが、展開が向けば一気に浮上する。

【大穴この一車】

 稲川翔(大阪・90期)。

 失格と落車をものともしない1班屈指のファイターは、1場所で高配当を固め打ちする名手でもある。5月京王閣ダービー(【3】【3】【6】【3】)の3着3回は5万、1万、3万円台。その次走の函館記念(【2】【3】失欠)は初日5万、2日目8万円台で、ダービーから7月まで10本の万車券を演出している。8月の2場所は小休止していたが、ここで大爆発か。

【狙い目の伏兵3人】

 まくりが持ち味の山口拳矢(岐阜・117期)は、GII函館サマーN(【1】【3】【2】)で準優勝、GIでも2度準決勝に乗っている。ここは地元戦だけに、先輩がつければ先行しなければならないが、予選は突破できる。

 山口と同期の町田太我(広島)は、オールスター(【3】【2】【7】【1】【9】)の2走目に同県の松浦と見事ワンツーを決めている。6月には松山でGIIIを獲っていて、その徹底先行ぶりは若手でも並ぶ者はない。押し切りに期待したい。

 5月に特昇した伊藤颯馬(沖縄・115期)が6月高知(【1】【1】【1】)でのS級初Vに続いて、8月別府(【1】【1】【1】)で2度目の優勝を飾った。ここは3月松阪ウィナーズC(【6】【8】【9】)以来、2度目の特別戦。一戦でも車券に絡めば自信になる。

山口健治(やまぐち・けんじ):1957年1月、東京都荒川区生まれ。競輪学校38回生卒業チャンピオンとしてデビュー。主なタイトルは日本選手権、競輪祭(2度)。09年1月引退。現在「スポーツ報知」評論家。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
「木村文乃のバストを揉みしだく」東出昌大との驚愕映像に羨望の声!
2
真木よう子、「Gバストがお腹に乗ってる」なド迫力オフショットにファン騒然
3
木村文乃、“艶気なし”指摘を吹き飛ばす「前かがみ水着バスト渓谷」の破壊力!
4
本田望結、ボディ成長と美人化がどんどん進む!ファンも困惑の“ノビシロ”
5
皆藤愛子“復活”で注目を集めた色白“透け衣装バスト”の膨らみ具合