スポーツ

野茂英雄や佐々木主浩でもない…田尾安志、“最強直球投手”に江川卓を挙げた理由

 主に中日ドラゴンズで活躍した元プロ野球選手・川上憲伸氏のYouTubeチャンネル「川上憲伸カットボールチャンネル」に、中日、西武、阪神とセ・パ3球団を渡り歩いた元プロ野球選手、田尾安志氏が出演(9月20日付)。

 新人王、ならびに最多安打のタイトルに3度輝いた田尾氏に、現役時代に対戦して凄かったピッチャー“ベスト3”を訊ねたところ、第3位は、「カミソリシュート」の異名を持つプロ通算201勝の平松政次氏(元大洋)、2位もまた、シュートが決め球で最優秀防御率のタイトルを2度獲得した大野豊氏(元広島)。そして、栄えある1位は、元巨人の江川卓氏だった。

「野茂英雄も佐々木主浩も対戦しているけど、真っ直ぐだけだと江川がナンバーワンだった」と振り返り、「フォークボールで三振取られるのは、バッターからするとやられた気がしないのよ。でも真っ直ぐでやられると、本当やられたなって感じ」と評した田尾氏。するとピッチャー出身の川上氏も「ピッチャーもそうで、ストレートで空振り取ったら僕の勝ちだけど、変化球のときはキャッチャーのリードのお陰かな?」とした。

 今回の動画では他にも、田尾氏に憧れていたとされるイチロー氏について、バッターボックスに立った際にバットをグルグルと回し、かまえるときに手のグリップをヘルメットにコツンと当てるというルーティンが、田尾氏もやっていた習慣であることが明かされていた。そんな球界のレジェンド・田尾氏だけに、江川最強説は説得力がある。

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「旧姓の印鑑を即捨て」「服は10着だけ」北川景子のプロフェッショナルな「処分&整理力」が潔すぎる
2
「有名人とヤリました」木下優樹菜がぶっちゃけたフジモン以外との「生々しい性事情」
3
「なんちゅう格好してんだ!」三浦瑠麗が見せ続けた「朝まで生バスト」歓喜の渓谷美
4
「手で隠すなら出すな!」梨花が非難を浴びた「ボタン全開バスト」の中途半端な見せたがり
5
「ポスト水卜麻美」で岩田絵里奈を脅かす!日テレ・杉原凜「癒しDバスト」貴重映像