芸能

ダンカン「初孫の名前を福島あづま球場に」

●ゲスト:ダンカン(だんかん) 1959 年、埼玉県生まれ。立川流の落語家「立川談かん」として活動した後、83年「たけし軍団」入り。芸人のほか、放送作家としても活躍。98年の映画「生きない」で脚本・主演を担当、05年の映画「七人の弔」では監督・脚本を務めた。現在は「株式会社TAP」の専務取締役。YouTubeチャンネル「ダンカンYouTublog」開設中。著書「ダンカンの企画書」(スモール出版)発売中。

 芸人、放送作家、俳優、脚本家、映画監督と各方面でマルチに活躍するダンカン。ご存知、2人は「天才たけしの元気が出るテレビ!」以来の盟友だ。そんなダンカンから提出された30年ぶりの企画書を見て、天才テリーの脳が活性化! こっそりと「元テレ」会議がスタート!?

テリー お孫さんが生まれたんだね。

ダンカン 生まれましたね。

テリー でも、ダンカンってまだ若いでしょう?

ダンカン もう62歳ですよ。

テリー 長女夫婦のところのお子さん?

ダンカン そうですね。

テリー いくつの時の子供だったの?

ダンカン いくつだろう。29歳ぐらいですか。

テリー ダンカンは誰と結婚したの?

ダンカン 結婚式に来たじゃないですか(笑)。その時、まだよちよち歩きで2歳ぐらいだった長女もいたんですよ。で、テリーさん、長女を持ち上げて、「めでたい!」って投げようとしたんです。

テリー あ、そう。覚えてないなぁ(笑)。ダンカンは結婚する時、「お父さんをください」って言ったんだよな。

ダンカン そうそう。

テリー いつもダンカンの話をする時は、その話をして、「あんなヤツはいない」って言ってるんだけど。じゃあ、その娘さんにお子さんができて。

ダンカン はい。32歳になって。

テリー 孫ができると何か気持ち的に変わるもの?

ダンカン いや、全然変わらないですね。孫が生まれたのは7月27日だったんですけど、その日はソフトボールが金メダルを獲った日だったんですよ。

テリー いい日だね。

ダンカン 優勝を決めたのは横浜スタジアムだったんですけど、上野(由岐子)選手が再起を誓ったのが福島県のあづま球場だっていうドキュメンタリーもやってたりして、あづま球場はいわば原点みたいな場所なんですね。で、うちは長男が「甲子園」っていう名前ですから。

テリー ダンカンは阪神の熱狂的なファンだからね。

ダンカン だったら初孫の名前は「福島あづま球場でどうだろう」って、娘に言ったんですけど、何も言わなかったですね。「福島って東北でマイナーだから嫌なのかな」と思って、福島を外して、「あづま球場でどうだろう」って言ったんですけど、それも受け入れてもらえず。

テリー なんて名前になったの?

ダンカン 俐音(りおん)です。

テリー それは誰がつけたの?

ダンカン わかんないですけど、娘夫婦じゃないですかね。

テリー 相手にしてくれないんだ。

ダンカン だって寝てる赤ん坊の上でクルクル回る、オルゴールみたいなオモチャがあるじゃないですか、ベッドメリーっていう。

テリー うん、あるね。

ダンカン あれのいちばん高いのを買ったんですよ。孫にとって初めてのオモチャですよ。で、何日かして、「喜んでくれてる?」って聞いたら、「すごい喜んでる」って言うから「やったー!」と。おじいちゃんとしてはうれしいなと思ったら、「飼ってる犬がすごく喜んでる」って(笑)。犬がそれをクルクル追いかけ回してね、子供はまったく見てないみたいです。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
佐藤健と上白石萌歌の仲は冷めていた!?「ぎぼむすSP」撮影現場の「意外な光景」
2
本田望結、成長真っ最中?ボディ進化と同時にネットをザワつかせた“顔の変化”
3
池田エライザが艶姿で「カチカチよ」/芸能美女「マッパにエプロン」秘録(下)
4
新垣結衣、ビール新CMで気になり過ぎる!?ニットも歪むバストの“張り具合”
5
NHK・和久田麻由子 桑子真帆を屈服させた「黄金時代」の内幕(1)紅白司会の候補に挙がっていたのは4人だが…