芸能

“日本のリヴァプール”博多スーパースター列伝<第1回>井上陽水(3)

20140102_0109f

 陽水を中央に送り込んだRKBはもちろん、ラジオ局やプロモーターの「シンパ」は全国に広がってゆく。中でも印象的だったのが名古屋・東海ラジオでやっていた森本レオの番組だ。川瀬は、ディレクターと森本、それに陽水との4人で打ち合わせをした。

「そこでレオさんが陽水を『おもしろいねえ』と気に入ってくれて。通常は2時間の番組で2~3曲でしょうけど、彼から『陽水特集にしていい?』って、アルバム丸ごと流してくれた」

 まだ東京や大阪でも無名なのに、名古屋では翌日からアルバムがバカ売れする。そして岩手、札幌、郡山と陽水を認めたディレクターたちによって局地的な人気が上がっていった。

 アルバムやシングルの売上げも徐々に上昇していったが、初のベストテンシングルとなったのが「心もよう」(73年9月)である。今でこそ違和感のないタイトルだが、実は「心もよう」とは多賀による造語だ。

 さらに、B面は忌野清志郎との共作「帰れない二人」が収められているが、多賀以外は全員がこちらをA面に推した。

「言ってみれば『帰れない二人』はファンタジーで、若者の生々しいもどかしさや苛立ちを描いたのが『心もよう』だった」

 時代の空気を見抜く目は、陽水以上に多賀のほうが長けていたようだ。この大ヒット曲に続けて出したアルバムが「氷の世界」(73年12月)──日本で初めてミリオンセラーを記録した歴史的な名盤である。

 RKBの野見山は、発売日の朝に博多・天神で最も大きいレコード店の前を通りかかった。

「開店の前に100人くらい並んでいましたねえ。それでシャッターが開いたとたん、段ボール箱に札束を詰めていく状態でアルバムが売れていった」

 当時のLPレコードは2200~2300円だが、ちょうど40年前の貨幣価値を考えれば、まさしく空前絶後の売上げだろう。

 そして川瀬は「氷の世界」の発売から40周年の13年、ある番組の企画でアレンジを担当した星勝やギターの安田裕美とともに陽水を囲んだ。

「当時のマルチテープを聴いたら、ほとんどがテイク1かテイク2で済んでいる。いかに陽水がボーカリストとしても卓越していたか、改めて感じました」

 収録曲の「心もよう」もそうだが、陽水にとって福岡は郷愁を忘れない街である。93年4月10日に行われた福岡ドームのこけら落としコンサートには、陽水、武田鉄矢、財津和夫、甲斐よしひろの「福岡BIG4」が集結。この夢の組み合わせは、野見山がRKBを定年退社することへの恩返しがきっかけであった。

「鉄矢が言い出しっぺで、陽水がいろんなミュージシャンに声をかけてくれた。東京からマスコミも150人くらい来ましたし、会場も超満員。あれをきっかけに各地で集まろうとの機運がありましたが、結局、実現は福岡だけでした」

 博多っ子たちの〈純情〉は、音楽において今も結びついている。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「なんちゅう格好してんだ!」三浦瑠麗が見せ続けた「朝まで生バスト」歓喜の渓谷美
2
「もうママとは生きていけない」ヒロミがブチ切れた松本伊代との「離婚危機」
3
「手で隠すなら出すな!」梨花が非難を浴びた「ボタン全開バスト」の中途半端な見せたがり
4
飯豊まりえと熱愛発覚で浮上した高橋一生の「すぐ破局する変人趣味」
5
掛布雅之「阪神・大山を大絶賛」の裏で…「Aクラスはないよ」断言していた!