芸能

井筒監督×マツコ・デラックス 2013年ブッタ斬りスペシャル(2)

マツコ でもさ、国民も参院選と都知事選を振り返って、さすがにもう少し自分たちがきちんとしなきゃダメだと思ったんじゃない。

井筒 司法では参院選は無効や! と決定したしな。

マツコ 司法がお前らいいかげんにしろよって思ってる雰囲気も出てるわよね。

井筒 安倍政権ももうアカンやろ。「これぞ独裁」みたいなこと繰り返しやがって。あんなフザけたヤツらに比べたら、天皇に手紙渡すことの何が悪いのかさっぱりわからんわ。

マツコ 確かにね。あの手紙騒動のあと、天皇陛下が山本太郎を心配されてるという発表があったわよね。

井筒 天皇に心配させた唯一無二の芸人やね(笑)。

マツコ それ、スゴイことよね。だって、天皇陛下が特定の人物に対して「彼は大丈夫だろうか」って心配されたんでしょ。そんなこと思われる人ってなかなかいないよ。私の勝手な想像なんだけど、やってることはともかくとして、たぶん、いい手紙だったんだよ!

井筒 アハハハハ!

マツコ そうじゃないと、あんなコメント出されないと思うんだよね。

井筒 たぶん、天皇が手紙を奪い取った侍従長に、人前であんな奪い方はよくないですよとか言ったかも。天皇自身はいろんなことに公明正大やから。

マツコ たぶん天皇陛下のほうからおっしゃったんじゃない。一度読んでみますから返してくださいとか。

井筒 そしたら、被災者や福島のことで天皇が心配してることと同じようなことが書いてあったかもしれへんね。とにかく前代未聞やね、あんなふうに気遣ってもらうのは。

マツコ ホントよね。とにかくビックリしたわよ。

井筒 マツコさん、いろいろお仕事されてるけど、お体は大丈夫ですか? なんて、なかなか言うてもらわれないもんな。

マツコ 言うわけないじゃない(笑)。その前に私のことなんか知らないわよ!

井筒 いやいやいや、絶対に知ってはります。「5時に夢中!」とか1回ぐらい見てるかもしれへんぞ!

マツコ アハハハ! 絶対に見てないわよ。MXテレビなんて映らないようにしてるわよ(笑)。

井筒 テレビといえば、マツコの「ボカシ話」は評判やったのに、1回で打ち切りって何があったのよ?

マツコ あれかぁ。今はさ、いろんなところからクレームが来た時に一つでも何かに触れてたらアウトってなるじゃない。

井筒 猪瀬じゃないけど、テレビも縮んでるわ。

マツコ そう。あれは社内の内規に、報道番組に限り、発言する人の人権を守る見地で、モザイク処理を施してかまわないっていうのがあったのよ。要はバラエティでモザイクを使うのはダメっていうふうに取れるわけ。もちろん一部の演出で使う分には責められないんだろうけど、あの番組は全編ボカシで、それありきでやっちゃったから内規に触れたんだよね。

井筒 スポンサーとかやんや言うてきたんや。

マツコ だけど、スポンサーや視聴者からの1回や2回のクレームで番組が終わることなんて絶対にないの。そんなことでやめてたら、番組をコロッコロ変えなきゃいけないから。

井筒 そらそうやな。昔なら全然ありやもんな。

マツコ 全然オッケーよ。あんな内容なんだし、むしろ問題番組と言われたほうがガッツポーズなのよ。

井筒 視聴率伸びるしな。

マツコ そうなの。でもね、「ほこ×たて」の影響がデカいと思うよ。新しい時代はヤラセだったり過剰演出は全てNOなんだっていう。「ボカシ話」はヤラセじゃないけど、その世間の風潮に上層部がビビったとしか思えない。現場の下っ端の人間たちを会社は守ってくれないんだなって話よね。だから、もう新しいルールの中で暴れてやろうってシフトチェンジしてる。

井筒 でもロクなものできへん違うか。どうせ上のヤツらがあれはダメ、これはダメって言うやろ。ますます無難で毒も牙もない去勢宦官なものだらけになる。

マツコ その可能性も高いけどね。とにかく、ネット社会で音楽の次にテレビが予想以上に早くやられたって感じよ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
真木よう子、「Gバストがお腹に乗ってる」なド迫力オフショットにファン騒然
2
「木村文乃のバストを揉みしだく」東出昌大との驚愕映像に羨望の声!
3
木村文乃、“艶気なし”指摘を吹き飛ばす「前かがみ水着バスト渓谷」の破壊力!
4
本田望結、ボディ成長と美人化がどんどん進む!ファンも困惑の“ノビシロ”
5
真木よう子、「Gバストが白シャツを突き破りそう!」なコスプレ姿「健在破壊力」