スポーツ

白鵬、「連勝中の門限破り」が宮城野親方の逆鱗に触れた「若き日の大事件」!

 引退劇の衝撃が冷めやらぬ白鵬の周辺だが、同時進行相撲マンガ「白鵬本紀」第25番の舞台は、2003年(平成15年)にさかのぼる。時に、白鵬18歳。西幕下44枚目で迎えた五月場所である。

 場所前の白鵬は絶好調。2日目、4日目、6日目と三戦三勝の土つかず!これ以上ない好スタートを切った白鵬だったが、好事魔多し。「事件」が勃発するのである。

 それは、モンゴルにいた時からの親友である、1歳年上の安馬(あま)こと、後の第70代横綱・日馬富士と会った日のこと。場所中だったが、互いの健闘ぶりを認め合い、門限近くまで話し込んだ2人であった。そこで、別れて、部屋に戻ればよかったのである…。が、安馬がささやく。「腹減ったなァ、ラーメン食べていかねェか?」「えッ!? でも門限の時間が…」と応じる白鵬だが、続けて「でも急いで食べれば大丈夫か!」

 しかし、大丈夫ではなかったのである。

 白鵬は、門限に遅れ、宮城野親方の逆鱗に触れることになる。「今すぐ荷物をまとめて、とっととモンゴルへ帰れ!」と突き放す宮城野親方。

 それにしても、白鵬はなぜ、ラーメンを早く食べ終えて部屋に戻ることができなかったのか?また、果たして、宮城野親方の怒りは解けたのか…?

「確かに私にもいつか終わりは来るでしょう。それが半年先あるいは1年先なのか、いや明日かも知れません」とオビに記された白鵬自身の予言=決意が反響を呼び、復活の全勝優勝を果たした七月場所の真実が語られている第1巻が、発売中でもある「白鵬本紀」。今回の「第25番」のサブタイトルである「根性(ヤキ)稽古」は、白鵬が門限に遅れた後の顛末を示唆している。ヤキとは、鍛冶で、刃物を焼いて鍛えること=「焼き」を入れるが語源。宮城野部屋で、「かわいがり」が、待ったなしで始まった…。

 エキサイティングな若き日の白鵬が読める「白鵬本紀」第25番「根性(ヤキ)稽古」は、10月26日発売の「週刊アサヒ芸能」11月4日号に掲載。はっけよい!!

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
佐藤健と上白石萌歌の仲は冷めていた!?「ぎぼむすSP」撮影現場の「意外な光景」
2
本田望結、成長真っ最中?ボディ進化と同時にネットをザワつかせた“顔の変化”
3
松本人志を罵倒、浜田雅功に暴行で“一世一代の大勝負”に出た芸人!/坂下Dの「地獄耳」芸能
4
清原和博の新庄監督批判がますます浮く?江夏豊・田淵幸一の「太鼓判」発言
5
伊藤沙莉、「マッパで“美バスト”を揉まれる」ベッドシーンの艶気が大絶賛!