芸能

森咲智美、「Gバスト渓谷至近見せ」タンクトップで川歩き動画に意味シン反響

 バストGカップのグラドル・森咲智美が、自身のYouTubeチャンネル〈森咲智美チャンネル〉で、川に沿って、ただひたすら歩くといったアウトドアな内容を投稿。緑の大自然をバックに、川のせせらぎ音は癒やし効果抜群といった視聴者のコメントもさることながら、〈この大自然とは裏腹に、僕の心は汚れ切ってしまっているようだ〉といった意味深コメントも目立った。その「深意」とはいったい…?

 その投稿回である、10月9日付け〈Gカップグラドルが川で只々、さんぽ〉での森咲は、上半身は深い胸の渓谷のみならず、肩やワキ、二の腕見せの白いタンクトップ、下半身はショーパンで、スラリと伸びた美脚披露の艶姿で登場した。

 スマホを取り付けた自撮り棒片手に撮影はスタート。自撮りだけに、ほぼほぼ上方から、至近距離でたわわなバスト部分をメインに映し出す艶っぽカメラアングル。しかも、森咲が川の中で歩を進める際に「うわ~、気持ちいい~」「すごいの、ホントに…」と情感たっぷりに、そしてうまい具合に、妄想心くすぐるコメントを口にする。

 大木を映し出すと「ご立派で、もう素晴らしい~!」と男性なら森咲から一度は言われてみたい(?)な艶っぽワードの連発だった。

 これに、視聴者からは、前述の〈この大自然とは─〉というジョークめかしたコメントの他、〈散歩するだけで美しいって!女神降臨〉と森咲の美貌を激賞するコメントが。さらに、森咲の川リポートを指し、「とっても透き通ってます」と言うところで、胸用の肌着に〈目がいってしまいました。〉と、さもありなんな煩悩全開のコメントも見受けられたのだった。

 今回の動画で男子諸兄の視線を集めたのは、はたして、大自然の渓谷か、それとも森咲の胸の渓谷か…?

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    まだそんなに料金払ってるの? 今さら聞けない光回線カンタン乗り換え術

    Sponsored
    231550

    「も~、うちのネット回線ってマジ遅いんだけど?ホントに光なの?」今年、大学受験を控える娘がプリプリした態度で怒鳴り込んできた。自室で受講していたオンライン塾の画面がフリーズしたという。M氏(51歳)は、妻と共働きで、高3の娘、中学2年になる…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
久々にタイ旅行に行ってみたら…酒も「連れ出し」もとんでもない値段に激変していた
2
鎌田がキレて久保は欠場…W杯サッカー日本代表に起きている「異変」
3
桜井木穂「母から『あんた、その胸ならグラビアに行けるわよ』と言われた」
4
ぺこぱに太川陽介の旅番組ファンが激怒「伝統の名企画を2人が潰した」
5
小倉優子「早稲田大受験」密着番組がまさかの打ち切り!世間の関心と危ないモチベーション