スポーツ

武豊を中心とした競馬界を取り巻く悲喜交々

20140116e

 昨年暮れの有馬記念は、平成の怪物・オルフェーヴルが引退レースを圧勝して幕を閉じた。今年は昨年のダービー馬・キズナと武豊騎手(44)のコンビが、再びターフを沸かし凱旋門賞を制覇。空前の「タケノミクス」景気で競馬人気復活の起爆剤になりそうだ。スポーツ紙デスクが話す。

「有馬記念こそ回避したが、この休養はプラス。昨年の春の天皇賞馬・フェノーメノ(軽度の左前繋靭帯炎で休養中)らの古馬勢や菊花賞馬で同期のライバル・エピファネイアとの激突を制し、王道を歩んでくれるはず。今年はゴールドシップとの最強布陣で臨みますから、期待していいのでは」

 ここ数年、リーディングジョッキー争いが激化する中、天才・武騎手の手綱さばきも注目に値する。競馬の神様と呼ばれた故・大川慶次郎氏の愛弟子で、競馬解説者の能勢俊介氏が話す。

「(10年3月の落馬事故以来)不本意なシーズンが続いていましたが、昨年は勝ち星(97勝)だけでなく、大一番のGIを2勝(ダービー&マイルCS)するなど、ここ一番に強い“武らしさ”が見られました。もちろん、あの“神”のような頃(編集部注:03年から3年間200勝オーバー)に比べれば、年齢的にも勝ち星は全盛期の7割程度でしょうが、関西のトップクラスの厩舎からも見直されている。その例が全盛期にもあえて乗せなかったリーディング争い常連の藤原英昭厩舎(13年東西2位の54勝)のトーセンラー騎乗です。昔からジョッキーの選択に厳しい厩舎が復調を認め、その起用に応えた武騎手の勝負強さ。昨秋のマイルCSの騎乗は“さすが”のひと言だった。今年の活躍が楽しみです」

 ただ、さすがにリーディングジョッキーへの返り咲きとなると厳しそう。能勢氏の本命は、昨年3月のJRAデビューながら東西5位(113勝)だった戸崎圭太騎手(33)だ。

「昨年(2月23日から)連続39週勝利の新記録(過去、安藤勝の35週)を達成したように、ムラのないところが信頼に値しますね。阪神JFで初GIを制し、弾みもついたと思いますし、頼りにしてます(笑)」

 一昨年が6人、昨年も7人が100勝突破と混戦を極める中、前出のデスクがその舞台裏を心配する。

「そこに短期免許の一流外国人騎手も加われば、ゴールドシップ&内田博幸のコンビ解消というような乗り替わりが増える。野球やサッカーのように監督(=調教師)の起用(レース選択)や戦術を巡り、選手(=騎手)との対立や確執が増えるでしょうね」

 競馬サークルの動向も馬券選びに影響を与えそうだ。

 そして昨年、競馬界を震撼させた藤田伸二騎手の暴露本も第2弾が出ることになりそうだ。

「ある版元が藤田の師匠である田原成貴との共著を企画中とか。実現すれば、2人とも競馬界に未練はなく、かなり過激な内容になりそうです」(出版関係者)

 関係者は早くも戦々恐々としているという。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
フジ渡邊渚、G…いやHカップ!?ニットバストで「デカすぎ!」の衝撃
2
唐橋ユミ、バストが重すぎ?生放送中に“肌着ズレ”スタッフ慌てた事故映像
3
熊田曜子、「“大人の夜の玩具”使用疑惑」でSNSに“下世話コメ”殺到の地獄絵図!
4
フジ渡邊渚、待望の「Gカップ“たゆんたゆん”新動画」にファン歓喜!
5
西内まりや、「全裸監督2」グラインド騎乗シーン映像で飛び交う期待と不安の声