スポーツ

マー君の大リーグ移籍で勃発するサバイバルプロ野球

20140116i

 楽天日本一の立て役者となった田中将大(25)。契約を巡って越年したものの、メジャーに移籍することはほぼ確実。“魔球”スプリットで三振の山を築きそうだ。プロ野球解説者の江本孟紀氏が太鼓判を押す。

「ダルビッシュのいるレンジャーズのような打力のあるチームで、今シーズンのように田中が普通に力を発揮できれば15勝はいけるでしょう」

 だが、マー君の抜けた穴は予想以上に大きそう。楽天は優勝はおろか、Bクラス転落の声も多い。

「マー君がいなくなれば、シーズンで27試合しか投げていないのにポストシーズン17日間で5試合も投げた則本の故障が心配。則本の出来いかんによっては、まさかの最下位も‥‥」(球団関係者)

 一方、昨シーズンは3位に甘んじV奪回に燃えるソフトバンクは、大型補強で大逆襲を試みるが、懸念材料は多い。

「パ・リーグのある現役選手は、『あんなんじゃ、チームが固まる時間がないですよね』と嘲笑。ホークスは『外様優遇』『生え抜き冷遇』傾向に拍車がかかり、シーズン中の空中分解も予想されます」(球界関係者)

 10年ぶりに古巣・西武に戻る伊原春樹監督(64)には、朗報が舞い込みそうだ。かつて「勝利の女神」としてたびたび球場に現れていた吉永小百合(68)が、西武戦の観戦を再開することになりそうだ。

「そもそも吉永は堤義明元オーナーと親交があり、球場に足を運ぶ姿は有名でしたが、堤氏退陣後は疎遠になっていた。ところが、伊原監督の西武復帰に際し、球団フロントと親睦を深める会食に吉永小百合も同席。チームの応援を約束したそうです」(球界関係者)

 昨シーズン、注目を浴びたルーキーといえば、セ・リーグでは46年ぶりとなる高卒新人10勝の快挙を果たした阪神の藤浪晋太郎(19)と、“二刀流”で話題をさらった日本ハムの大谷翔平(19)だろう。

 前出・江本氏は、藤浪の先行きを不安視する。

「昨年も球数制限で使われながら、9月以降は明らかに球威も落ちていました。まだプロの体になりきらないうちにフル回転させても、昨年以上の成績は難しい

 大谷はいよいよ選択を迫られるシーズンとなりそうだ。

「今季も二刀流は続けますが、軸足は投手に置くことになるようです。首脳陣は先発ローテーションに組み入れたい」(日本ハム担当記者)

 さらには、こんな話も‥‥。

「中日のGMに就任した落合博満氏(60)が契約更改で選手の年俸を8億円カットしたことが評価され、白井文吾オーナー(85)が次期球団社長に指名すると言われている。中日の選手も戦々恐々としていて、危機感もハンパではない。大型補強なしでまさかの優勝となれば、オフには内定するでしょう」(中日関係者)

 今シーズンの台風の目になりそうだ。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「東京五輪までに逮捕される」ヤバイ芸能人リスト(2)売れっ子俳優Tにまつわる物騒な目撃情報
2
“チクポチ”まで披露!?森香澄「胸揺れダンス」の過激化が止まらない!
3
「時効警察」視聴率低迷の“戦犯”に吉岡里帆の名前が挙がり始めた窮地!
4
深田恭子「“37歳”新・むっちりボディ」の秘密をバラす(1)バストサイズがボリュームアップ
5
「ドクターX」、止まらぬ視聴率低下に「色香担当が不在」「脚本家の問題」指摘!