スポーツ

サッカーW杯日本代表のキーマンをチェック

20140116p

 世界中が熱狂に包まれるブラジルW杯まで、あと半年。予選C組のザックJAPANの対戦国は、コートジボワール、ギリシャ、コロンビアと続く。

 サッカー解説者の金田喜稔氏が占う。

「予選を突破するには、初戦に負けないこと。その確率? 期待も込めて65%かな。世間的には楽観ムードが流れているようだけど、そんな甘いものではない。4年前と違い、侮れない相手としてマークが厳しくなり、そう簡単に(予選突破とは)いかない

 現行の32チーム参加になってから黒星スタートでの予選突破は、46チーム中、わずか4チームのみ。となると、やはり初戦は絶対に落とせない。サッカーライターの元川悦子氏が話す。

コートジボワール戦で勝ち点を上げられれば、2位通過ができると思います。ただ、前回W杯直前の練習試合(45分×3セット)で、0対2で敗れた相手です。長友佑都が『何もできなかった』と振り返ったほどで、身体能力に秀でたアフリカ勢の中でも強豪国です」

 では、どうすれば最低でも勝ち点1以上をもぎ取ることができるのか。元川氏が続ける。

「ディフェンスの組織力が問われると思います。元日本代表の松井大輔が『ガッツリと守れるオプションが必要』と話していましたが、4年前の岡田監督の戦術のように“守り倒す”ことも大切でしょう。あの時は、阿部勇樹をアンカーに起用し、長谷部誠と遠藤保仁のスリーボランチでした。今回も時間帯によっては、長谷部、山口蛍、細貝萌の守備的な布陣で臨むケースもあると思います」

 では、予選突破のキーマンとなると誰になるのか。

「やはり(香川)真司だね。所属先のマンUで出場機会が減っている彼の調子が上がれば、チームもグッとよくなる。彼の出来がチームに与える影響は大きい。真司が輝きを取り戻してくれれば、予選突破の確率も上がる」(前出・金田氏)

 ザッケローニ監督は代表メンバーの見直しを公言しているだけに、かつての三浦知良や中村俊輔の落選やベテラン秋田豊の滑り込み選出などのサプライズ招集が起きそうだ。

「センターバックに不安を抱えるだけに、闘莉王を呼びたいね。母国ブラジル開催で燃えないわけがないからね」(前出・金田氏)

 とりわけ、南米のコロンビア戦では闘莉王が「アウェーの空気をホームに変えて」チームに勢いをつけてくれそうだ。

 そして、誰もが日本代表のエースとして認める本田圭佑も年明け早々から、念願のビッグクラブ・ACミランで始動する。

「現在、セリエAで低迷しているだけに、すぐに結果を求められるという厳しい状況下です。説得力のあるプレーで周囲との連携を作れるか、真価を問われます」(前出・元川氏)

 もし本田がベンチを温めているようなら、日本サッカー協会のW杯目標「ベスト8」に黄信号が点滅してしまう。

 一方、決勝はブラジルとアルゼンチンのライバル対決になりそうだ。

「ともに一次予選が比較的イージーな組に入ったのが幸いする。ただ、両国ともファンが熱狂的ですから、どちらが勝っても試合後は大暴動が起きることは間違いなさそう。治安当局も軍隊の出動も念頭に置いているほどです。頭を痛めることになりそうです」(サッカー記者)

 メッシとネイマールの対決も楽しみだが‥‥。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言
2
太川陽介を「バスの悪魔」とコキ下ろし!「あのちゃん」まさかの「バス旅復讐戦」へ
3
【鉄道】新型車両導入に「嫌な予感しかしない」東武野田線が冷遇される「不穏な未来」
4
プロ野球 セパ「12球団の一平ちゃん」を暴く!(3)佐々木朗希「成績度外視メジャー入り」密約で総スカン
5
1編成に2室だけ!東海道新幹線に導入「高額個室」は「芸能人御用達」と化す