芸能

太田光、選挙特番の“反省しきり”で際立つ田中裕二と妻・光代氏の存在感

 爆笑問題の太田光が、11月2日深夜に放送された「爆笑問題カーボーイ」(TBSラジオ)に出演。10月31日放送の選挙特番「選挙の日2021 太田光と問う!私たちのミライ」で司会ぶりが“大炎上”を呼んだことについて、反省の弁を述べた。

 太田は選挙特番で、中継でつながった自民党の甘利明幹事長に「戦犯ですよね、これ。負けたら」「ご愁傷様でした」などと激しく口撃。二階俊博前幹事長にも「いつまで政治家続けるおつもりですか?」「死ぬまでやるつもりですか?」とまくしたて、「失礼だろ!」とブチ切れさせた。

「これにネット上では、自民党支持者や太田のアンチに加え、野党支持者、無党派層からも批判が殺到。《あの言い方はさすがにない》《言葉遣いも悪いしヤリすぎだった》《攻め方が気分悪い。ただ意地悪してるようにしか見えなかった》などといった声が上がっていました。太田は選挙特番が今回は初ということもあって、テンションが上がり過ぎた面もあったのでしょう。19年に放送された『FNS27時間テレビ』(フジテレビ系)でも大暴れしてその場にいた関根勤を激怒させていましたが、張り切り過ぎるとカラ回りするのがいつものパターン(笑)。選挙特番も『27時間』の時も相方の田中裕二が不在で、改めてブレーキ役の重要さを明確にしましたね」(エンタメ誌ライター)

 ラジオで太田は「本当にまいったよ。怒っているね、みんな日本中が。弱っちゃった」と反省しきりで、選挙特番後、意気揚々と帰宅すると、妻で事務所社長の光代氏に怒られたことも明かしていた。

「選挙特番について『もう一度私にチャンスをいただければ』と言うなり田中に『あるわけねえだろ!』とすかさずツッコまれていましたが、こうした田中と、“太田も頭が上がらない社長”の存在があってバランスがとれている。今回はその光代氏のツイッターにも批判が殺到するも丁重に応対しており、太田は2人のありがたみを改めて思い知らされているのでは」(前出・エンタメ誌ライター)

 とはいえ、太田にはまた“やらかし”を期待してしまう。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
2
日本ハム・新庄監督が名誉挽回で動く「坂本勇人&マー君」ダブル獲りのサプライズ
3
「バスト透けすぎ!」三浦瑠麗が公開した「国葬参列の喪服写真」があんまりスゴイので…
4
黒柳徹子が「どっちでもいい」バッサリ!ホラン千秋の「徹子の部屋」残念発言
5
森口博子が「ああん…何か変な気持ちになってきました」苦情殺到の生放送事故