芸能

筧美和子 20歳の時は「パンと張った体が当時は悩みでした」

●ゲスト:筧美和子(かけい・みわこ) 1994年、東京都生まれ。2011年、高校在学中にスカウトされ、芸能界デビュー。13年、恋愛リアリティー番組「テラスハウス」(フジテレビ系)に出演、注目を集める。14年、ドラマ「最高の離婚Special 2014」(フジ系)で本格女優デビュー。その後も様々なドラマ・映画に出演し、役者として活動。バラエティー番組やCMでも活躍、雑誌の表紙やグラビアも飾る。11月26日(金)から映画「幕が下りたら会いましょう」が新宿武蔵野館ほかで順次全国ロードショー。

 恋愛リアリティー番組への出演をきっかけに、グラビアやバラエティーにも進出した筧美和子。今やその軸足をドラマや映画に移し、女優としても大活躍中だ。最新映画の撮影裏話から仕事に対する想い、果ては恋愛や結婚感まで。7年ぶりの成長した姿に天才テリーが感涙!?

テリー 前に筧さんと会ったの、7年前なんだって。

 そうなんです。前もこの対談でお会いして。あの時20歳だったんですけど、ほんとに何もわからず、テリーさんに引き出されるまま、ペラペラしゃべっていて(笑)。さっき、その時のページを見たんですけど、顔つきも違ってました。

テリー すっかり大人になって、今は女性の顔だよね。やっぱり7年前とは考え方なんかも変わった?

 変わったなとは思うんですけど、変わってないところもありますね。何が変わったんだろう。ちょっと強くなったかなと思います。

テリー どんなところが?

 意見の伝え方だったり、それこそ「こういう時は気をつけよう」とか、鎧のようなものができてきて。仕事から学ぶことは多かったですね。

テリー 20歳の頃って、すごくセクシーな写真集を出してたでしょう。

 はい、その時にここに呼んでいただいて。

テリー 今もあんなふうなセクシーな体型を維持してるの?

 アハハハハ。どうなんだろう。20歳の時はパンと張ってましたね。でも、当時はそれが悩みだったんですよ。モデルさんのようなスラッとした体型に憧れている時期だったので。

テリー だって、あの頃、ファッション誌のモデルもやってたじゃない。モデルにしては胸が大きすぎるなとか思ってたの?

 当時は思ってました。胸が大きいと服が似合わなかったりすることもあるので。雑誌のモデルとしても活躍したいと思ってましたから、胸を邪魔に思うこともあったんですけど。そういう考え方もだんだん変わってきて、「一生付き合っていくもんだな」と。個性だなと今は思ってます。

テリー 体型を維持するのって、特に女性は大変でしょう。何かしてるの?

 20歳の時は「痩せなきゃ痩せなきゃ」って、いろんなダイエットを試したりしてたんですけど、だんだん「どんな体型でもいいんじゃないか」と思ってきて。なので、もちろん今、お芝居をけっこうやらせていただいているので、役によって、ちょっと体型を変えることはあるんですけど、それ以外はもうフリーに過ごしていて。あんまり気にしなくなったら、自然と顔のお肉とか落ちたかなと思います。

テリー それで大人っぽく見えるんだね。

 ありがとうございます。だから、体型を維持する方法は、よく食べて歩くとか、そんな感じです。

テリー あ、エラいな。どの辺を歩いてるの? 家の近く?

 家の近くも歩くんですけど、最近は電車に乗るのにハマっていて。仕事だと車移動が多くなってしまうので、なるべく電車に乗るようにしてます。

テリー 電車なんか乗ったら「あ、筧ちゃんだ!」とか言われない?

 全然言われないです。私、気付かれにくいですね、特に今はマスクもしてますし。たぶんオーラがないんだと思います。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
しれっと復帰の三浦瑠麗さん、「6.21地上波テレビ出演」の渡部建に「鋼のメンタル」を与えてやって!
2
2026年WBC「ピッチクロック採用」に猛反対する日本球界の交換条件は「大谷翔平DHルール」
3
鉄道ファン騒然「青春18きっぷ」夏用の販売中止を裏付ける「決定的証拠」が出た!
4
「ヤリ投げ投法」で故障離脱のドジャース・山本由伸に「球団が契約破棄できるオプトアウト条項」あり
5
今江敏晃監督の「超冷酷采配と大バクチ」で一気に浮上した楽天に「ひとりカヤの外」の男