スポーツ

野村監督が不機嫌に!?橋上元コーチ、野村克則「引退試合」舞台裏を動画回顧

 平成の怪物、松坂大輔(西武ライオンズ)の引退試合が行われたのは、昨年10月19日の対日本ハム戦。打者1人に対し、結果は5球を投げて四球に終わったが、マウンドを後にした松坂には笑顔も見られ、充実感がうかがえた。

 しかしながら、選手にとって満足できる引退試合ばかりではないようだ。主にヤクルトで活躍した元プロ野球選手で、東北楽天ゴールデンイーグルス、巨人、埼玉西武ライオンズなど数多くの球団でコーチを務めた橋上秀樹氏が、自身のYouTubeチャンネル〈橋上秀樹アナライズTV〉の、12月14日付け投稿回で、悔いの残る引退試合について回顧した。

 それは、故・野村克也監督のもとで楽天のコーチを務めた、2006年のことだ。

 この年は、野村監督の息子・克則氏が楽天で引退、同年10月1日の対千葉ロッテマリーンズ戦が引退試合だった。が、もとより弱肩な上に、右肩痛に苦しんでいた克則氏。先発でマスクを被るも、6盗塁すべて許してしまう散々な結果となった。

 当時、ロッテで監督を務めていたボビー・バレンタイン氏に、克則氏の引退試合ゆえに「よろしくお願いします」と挨拶…つまりは、いくばかりかの忖度を試合前にお願いしたつもりの楽天サイドだったのだが、結果は前述の通りで、「ちゃんと言い(挨拶)に行ったんか?」と、野村監督の機嫌も悪かったと苦虫を噛みつぶしたような表情で振り返った橋上氏。

 もっとも、ロッテは05年にリーグ優勝、日本一も果たしたのだが、06年は「借金5」の4位に終わっている。バレンタイン監督にしてみれば、Aクラス浮上とばかりに勝負に徹したのだろう。この年の、しかもロッテが相手だったことが、克則氏には気の毒な形となってしまったようだ。

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
2
柴咲コウ&吉高由里子に惨敗!「荷が重すぎた」新木優子の「ガリレオ」演技
3
香川照之と長谷川博己が一触即発?「小さな巨人」現場が険悪ムードなワケ
4
「やめてーー!」足立梨花が「正面・バック・女性上位」ハメ映像漏洩に大絶叫
5
「安倍国葬」裏で勃発!銃撃事件映画を巡るラサール石井と三浦マイルド「罵倒応酬」