女子アナ

「爆裂バスト」フジ渡邊渚アナを意識?井上清華アナの“ボディ強調”が急加速!

 フジテレビの朝の情報番組「めざましテレビ」でメインキャスターを務める、井上清華アナの“バスト強調”が、年明けから加速しているともっぱらの評判だ。

「1月10日の放送で井上アナは、グレーのピタピタニットで登場。推定Cカップラインがくっきりと浮かび上がらせていました。またその前週、7日の放送でもボディにフィットした薄紫のニットで、5日にも黄色のカーディガンで形の良い胸のフォルムを露わにしています。彼女の場合、そこまでバストのボリュームがあるとは言えないのですが、華奢なカラダに加え、ほっそりとした首や小顔のために、タイトな服装を着ると胸の膨らみが際立つ。彼女もその辺りは十分に理解しているのでしょうね」(女子アナウオッチャー)

 早朝から男性視聴者にとってはありがたいことだが、井上アナがここまで頑張ってくれている理由は何なのか。こんな話が聞こえてくる。

「昨年4月、井上アナを含めたフジの女子アナら数名が報じられた、美容院に絡む“ステマ疑惑”の人気凋落をいまだ引きずり、その挽回の意味もあるのでしょう。しかし今、最も大きいのは『めざまし─』でエンタメコーナーなどを担当する渡邊渚アナの影響では。彼女はこの4月で入社3年目に突入しますが、天然気味な明るいキャラと可愛らしい笑顔、そして何より、Gカップの特大バストで男性ファンが急増。インスタグラムのフォロワー数も13万を超え、次期めざましメインキャスターにと推す声も多い。そんな脅威が、井上アナを大胆にさせているのかもしれません」(前出・女子アナウオッチャー)

 メインの座を勝ち取ってからまだ1年も経っていない井上アナだが、今が踏ん張り時なのかもしれない!?

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
加藤紀子の横バスト写真が艶すぎ!“蛭子能収も惚れたFカップ”が進化したッ
2
江川卓が「不思議でしょうがない」首を傾げる大谷翔平のプレースタイル疑問点
3
藤原紀香、ドレス胸元から“Fバスト渓谷”魅せ!深さと長さに過去最高の評価
4
前澤友作との交際報道で梅村妃奈子ファンの間で飛び交った“冷ややかな納得”
5
石川佳純のニット姿がキュートすぎ!引き締まったボディの“バスト変化”とは