芸能

とんねるず いいとも出演直訴に見る“崖っぷち”窮状

20140206a

 コンビとしてのレギュラー番組はわずか1本。一時代を築いた関東トップ芸人も今や吹きすさぶ寒風にさらされている。その窮状への焦りなのか、みずからバラエティ番組に売り込んだかと思えば、過去の武勇伝の切り売りも始めるなど、なりふりかまわぬ悪あがきっぷりが痛々しくて‥‥。

 あれはあらかじめ仕込まれた台本どおりの「演出」だったのではないか──。そんな声がマスコミから出たのは、1月14日放送の「笑っていいとも!」(フジテレビ系)に出演したとんねるずの仰天トークだった。

石橋貴明(52)「(番組終了まで)あと2カ月半ですけど、俺たちをレギュラーにしてください」

木梨憲武(51)「お願いします。カメラでもカメアシでもケーブルでもカンペ出しでも何でもやります」

タモリ(68)「そうは言うけど、仕事だってあるわけじゃない」

石橋「いや、今ヒマなんで大丈夫です。今日、憲武と今年初めて会ったんです」

 この「レギュラー出演直訴」を、タモリは困惑しつつも了承。不定期出演の約束ながら、1月23日にはさっそく木梨が登場した。

 とんねるずをよく知るフジテレビのベテラン制作スタッフは言う。

「あれは仕込みではなくアドリブですよ。とんねるずは予定調和を壊すことが唯一の芸風だから」

 つまり、切実な「お願い」だったというのだ。芸能ジャーナリスト・安良佳人氏が言う。

「押しかけ出演なんて迷惑ですよね。『いいとも!』同様、とんねるずにも寿命が来ています。出演直訴など、悪あがきとしか思えない」

 現在のレギュラー番組は、コンビで「とんねるずのみなさんのおかげでした」(フジ系)と、石橋単独の「リシリな夜」(TBS系)のみ。かつて栄華を極めた大物芸人とは思えない寂しさだ。民放局ディレクターが、

「とんねるずのゴールデンタイム1時間番組の出演料は、2人で全盛期の800万円から下がったとはいえ、今も600万円以上と高額。それで数字(視聴率)が取れるかというと、近年厳しくなってきている」

 と言うように、

「とんねるずは悪ガキ的、暴力的で生意気なふざけ芸がウケたわけですが、それがもう今の時代にそぐわなくなった。結局、彼らを新たに使おうという声は、制作現場からは出てきていません」(前出・安良氏)

 そもそも、とんねるずをずっと使ってきたのはフジテレビ。「オールナイトフジ」「夕やけニャンニャン」でブレイクし、その後も「ねるとん紅鯨団」「とんねるずのみなさんのおかげです」で、その地位を不動のものとした。前出のフジテレビ制作スタッフが、

「年間収入の8割はフジテレビからじゃないですか」

 と言うほどである。ところがこのスタッフは、次のように続けるのだ。

「『みなさんのおかげでした』が終わる日もそう遠くないと思います。年末特番の視聴率が8.5%だったのがデカい。拡大版で1桁は初めてです。かつては25%を超えていたのに。本人たちは数字をいつもチェックしていますが、これには相当ショックを受けていました」

 別のフジテレビスタッフが、終焉に向けてのシナリオを説明する。

「とんねるずを支え、後ろ盾となっているのは『みなさんのおかげでした』の初代プロデューサーでもある役員のM氏。今もたまにロケについていったりします。この人がいるかぎり、よほどのことがなければ2人が切られることはない。M氏以外は幕を引けないのです。しかし、M氏もあと数年で役員定年を迎える。とんねるずはこれからが正念場ですが、数字がよほど落ちた時、恐らく彼らから身を引くことになると思いますよ」

 そうした失業寸前の危機に、石橋は深夜番組「リシリな夜」であがきを見せた。NHKの大ヒット朝ドラ「あまちゃん」に出演した杉本哲太(48)、古田新太(48)をゲストに迎え、同じく「あまちゃん」つながりの小泉今日子(47)ネタを自慢げに炸裂させたのだ。

「若い頃ね、『みなさんのおかげです』にキョンキョンがよく出てきてくれる時に『モジモジ君』やったら体のラインが出るでしょ。『キョンキョン、胸大っきいよね。85~86(センチ)ぐらい?ちょっと触らせてもらっていい?』『うん』‥‥って触らせてもらった」

 もはや「過去ネタ」暴露、切り売りでしか場を盛り上げられないのか──。

「この番組も石橋から『トークをやりたい』と持ちかけて実現。本来なら深夜枠に出ることなどないのですが‥‥」(TBS関係者)

 昨春はビートたけし(67)と組んだ「日曜ゴールデンで何やってるんだテレビ」(TBS系)が視聴率3%台という惨状で打ち切りに。

「みなさんのおかげでした」も昨年、史上最低の6.9%を記録するなど、1桁台がチラホラ。悪あがきをヨソに、「Xデー」がヒタヒタと近づきつつある‥‥。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , , , , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
元楽天・安楽智大が来季「日本球界に逆輸入される」メキシカンリーグでの「標高2200メートル投球」
2
職場に絶対いてほしくない!藤本美貴のモー娘。時代の「エゴまる出し」発言がリーマンから総スカン
3
松本人志の居ぬ間に中山秀征…芸人たちが「実はスゴイ人」異常な絶賛の「あぁ不思議」
4
「チッ、うっせ~な!」スノーボード國母和宏のふんぞり返り暴言三昧/スポーツ界を揺るがせた「あの大問題発言」
5
ついに「エース交代」を明言!阪神のローテ再編が意味する岡田監督の重大な意図とは