スポーツ

キム・ヨナ 「拒食症」疑惑で深刻な肉体崩壊の危機(2)

20140220bc

 ソチ五輪の女子フィギュア日本代表・鈴木明子(28)は、みずから拒食症であったことを告白している。Web「Sankei Biz」の「摂食障害と闘った10年前の夏」には、彼女が摂食障害に陥った模様が生生しく書かれているのだ。

〈身長160センチで体重が48キロだった私は、少しだけ体重を落とそうと思いました。いま振り返れば、食事を制限する中で自己管理への意識が強くなりすぎてしまいました〉

 結果、彼女は食事を受け付けない状態に陥り、食べると吐くようになってしまったのだという。

〈「これはやばいな」と思ったときには手遅れなのが、この病気の怖いところです。体重は32キロまで落ちました。脂肪がないので冬でもないのに体は寒気を感じ、血圧を安定させる薬の服用も欠かせなくなりました〉

 当時、鈴木は18歳で親元を離れ、環境を変えたばかりだった。実はキム・ヨナもバンクーバー五輪以降、劇的に環境が変化している。五輪担当記者が語る。

「バンクーバーでの金は、当時コーチだったブライアン・オーサーの功績が大きかったのです。彼は勝てるプログラムを作ったばかりでなく、ヨナのコンディションも万全にして送り出しました。ところが、五輪後、オーサーとヨナは突然決裂し、お互いが非難し合う泥仕合になりました」

 その後、ヨナはコーチを変更するのだが、11年の世界選手権で安藤美姫(26)に敗れてしまう。そして、11─12シーズンを完全に休養するのだった。

「テレビの司会などもしていましたが、滑る時間がなかったのです。ちょうどこの時期に、韓国は平昌での冬季五輪開催を世界に猛アピールしていました。金メダリストのヨナは、韓国のプレゼンテーターとして世界中を駆け回っていたのです」(前出・五輪担当記者)

 結局、ヨナは小学校時代に教わった申恵淑〈シン・ヘスク〉氏を新コーチに迎え再スタートを切った。13年3月にカナダで開かれた世界選手権では、2位に20点以上の大差をつけて圧勝。密告文には、当時のことも書かれていた。

〈ヨナの顔つきを見ていると太りやすい体質のようで、休養していた時期は、ふっくらしている。13年の世界選手権の背中はすでに骨が見えている。この時期から現在までるい痩状態だとすると、低栄養は慢性的なものになっている可能性が高い〉

 実は、キム・ヨナの肉体に減量しなければならない問題が発生していたのだ。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
山田優、「バスト渓谷全開」ルームウェア紹介写真が妄想させる「夫婦生活」
2
芳根京子、「ベッドでの“事後”で見せた貴重なバスト渓谷」にファンがクギ付け!
3
貴重すぎた?「ドラゴン桜」“平手友梨奈の美脚砲”で高視聴率をキープ!
4
本田望結、隠し切れない胸の膨らみが招く?ジワジワ“アンチ”増加の嫉妬現象
5
年収5億!?指原莉乃、TV界「若き女帝」が「華麗なる人脈」を作ったテクとは