芸能

小田茜「この3年ぐらいは反省の日々でした」

●ゲスト:小田茜(おだ・あかね) 1978年、栃木県生まれ。1990年、11歳の時に「第4回全日本国民的美少女コンテスト」でグランプリを受賞し、芸能界入り。「第2のゴクミ」と話題に。1991年、大河ドラマ『太平記』でドラマデビューし、1993年の『いちご白書』(テレビ朝日系)で連続ドラマ初主演。2002年から放送された昼ドラ『ピュア・ラブ』(毎日放送)ではヒロインを演じ、好評のため第3作まで制作された。2008年の結婚を機に芸能活動をセーブしていたが、2021年に所属事務所を移籍し、芸能活動を再開。インド政府公認プロフェッショナルヨガ1級を取得し、インストラクターの資格を取得。

 11歳で「全日本国民的美少女コンテスト」でグランプリを受賞し、芸能界デビュー。「第2のゴクミ」と話題になったのが小田茜だ。女優として活躍するも結婚を機に仕事をセーブしていたが、このたび芸能界に本格復帰。苦労が多かったという結婚生活の真相に天才テリーが斬り込んだ!

テリー わぁ、ずいぶん華やかな服だね。

小田 今日はテリーさんにお会いできるということで。あと、もうすぐ春ですから、こんな感じにしてみました。

テリー ありがたいな、いろいろ考えてくれて。会うのは初めてですよね。

小田 はい、初めましてです。よろしくお願いします。

テリー 最近10年ぶりのテレビ出演が話題になりましたね。

小田 ありがとうございます。ようやくいいご縁に恵まれて。心機一転、芸能活動を昨年より再開させていただきました。

テリー それは女優として活動していくということ?

小田 はい。皆様に受け入れていただけるのであれば、ここからまた、女優という仕事をやらせていただきたいと思っています。

テリー この10年というのは何をしていたんですか。

小田 29歳の時に結婚しまして、北海道に住んでおりました。

テリー 離婚されて、こっちに戻ってきたんですか。

小田 そうですね‥‥。

テリー あれ、急に声が小さくなったね。

小田 あの、あんまり聞かれたくないことはですね、ちょっと声がちっちゃくなっちゃいます(苦笑)。

テリー そうか。でも、大丈夫ですよ。この対談には離婚した人もたくさん来てますから。

小田 そうなんですね。

テリー 29歳で結婚して、結婚生活はどのぐらい続いたんですか。

小田 10年ぐらいです。

テリー 元旦那さんとは、どこで知り合ったの?

小田 たまたま共通の友人がいまして。

テリー あ、資料にはパイロットって書いてあるね。パイロットが好きなの?

小田 いや、そんなわけでは(笑)。パイロットが好きとかあるんですか。

テリー あるんじゃないの。僕なんかCAさん、大好きですよ。

小田 あぁ。もちろん、嫌いではないです。やっぱり普段、パイロットの方にお会いする機会ってあまりないので。私もパイロットの方とちゃんと話したのは、元旦那さんが初めてでした。

テリー で、別れ話はどっちが切り出したんですか。

小田 どっちだったんでしょうか。私が別れたいって言えば、向こうが嫌だって言って、向こうが別れようって言えば、こっちが嫌だって言ったり。まぁ、離婚に至るまではいろいろありました。この3年間ぐらいは、過去のことだけではなく、ここから先の自分の姿も考えたり、いつも心が行ったり来たりする毎日でした。

テリー それは離婚を後悔しているということ?

小田 いいえ。私が未熟だったので離婚ということになってしまったのかもしれませんが。でも、家族それぞれが、それぞれの思いでこの結果を受け止めていまして。私自身もそうですけど、どんな時も前向きに生きていくしかないですからね。元旦那さんには感謝をしつつ、ここからはひたすら前進しかないな、と思っております。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
好きなところに変化球!ドジャース・山本由伸に大谷翔平が教えた「寝る時間」の極意
2
本州で2番目の長距離路線バスが廃止に!太川陽介「バス旅」番組を襲う「打ち切り」危機
3
タイ移住で飲食店を開いたら現地の日本人に「とんでもない嫌がらせ」をされて帰国するハメに
4
氷川きよし「暴行セクハラと恐喝」ドロ沼大騒動の決着点/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
5
サッカー元日本代表FWを拒絶した「鹿島アントラーズ」スカウトの見る目のなさ