芸能

アンタ山崎弘也の街道歩き旅が超異例の展開に!メンバー固定の“理由”とは?

 昨年10月にアンタッチャブルの山崎弘也がメインになって復活した「街道歩き旅」の第2弾が3月5日の「土曜スペシャル」(テレビ東京系)で放送される。

 街道歩き旅は甲州街道など有名な街道を、5人前後のタレントが6日かけて駅伝方式で踏破する企画だった。ところが山崎がメインになってからは駅伝方式は廃止され、山崎とゲストが1泊2日でゴールを目指すスタイルに変更。第1弾はサッカー元日本代表の中澤佑二と朝日奈央が参加した。

 そして第2弾もこの2人が出演する。

「テレ東旅番組としてはこれは異例のこと。福澤朗の『鉄道沿線歩き旅』も、千原ジュニアの『タクシー乗り継ぎ旅』もゲストは毎回変わるのが普通。第1弾の放送で息がぴったりだったかといえば、そうでもなかったんですが…」(テレビ誌ライター)

 第2弾の舞台は中山道。埼玉県の浦和駅をスタートし、群馬県高崎市の高崎白衣観音を目指す。このあたりにはメンバーが変わらない理由は見当たらない。

「唯一あるとしたら、第1弾でおそろいの組紐アクセサリーを購入したのをきっかけに、ザキヤマが『俺たち街道ウォーカーズ』と宣言したことではないでしょうか。せっかく結成したので、そのまま街道ウォーカーズで第2弾も行ってみようということになったのでは…」(前出・テレビ誌ライター)

 これまでの“慣例”を覆して出演する街道ウォーカーズは、これまでにない魅力的な旅を作り出すことができるだろうか。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「デパ地下」も静かに終了…池袋西武が象徴する「インバウンドに特化」デパートの苦境と未来
2
韓国から「出ていけ!」ホン・ミョンボ代表新監督への〝ウソつき呼ばわり〟は日本人選手がキッカケだった
3
1軍首脳陣に嫌われた阪神・秋山拓巳に「他球団からトレード申し入れ」という「救いの手」
4
サッカー元日本代表「王様・中田英寿」は自ら演出した「策略」だった!チームメイトが明かす「嫌われ役」秘話
5
「函館記念」はオニャンコポンの1着固定!3連単平均57万円の超大荒れレースで買えない人気馬のガチ共通点