スポーツ

新谷仁美、東京マラソン好走も「生きる上で必要ない」!?連発“新谷節”に賛否

 東京マラソンが3月6日に開催され、女子1万メートル日本記録保持者・新谷仁美(積水化学)が日本人2位、全体7位につく健闘を見せた。

 およそ13年ぶりのフルマラソンとなった新谷は、自己ベストを大幅に更新する2時間21分17秒と好走を見せるも、その表情は複雑なものに。レース後、やはり本職であるトラック競技での活動に意欲を示すと、その理由について「(マラソンは)単純にキツイから」とし、「マラソンは生きる上で必要ないと思った。走ること自体必要ないし、遅刻の時だけ走れば十分」「2時間以上も走る必要があるのかなと考えた時に『ないわな』って。なんなら15分、30分も必要ないけど、そっちのほうがいいかなと思った」などと“新谷節”全開で語った。

 また、今回の結果により、2024年パリ五輪の代表選考会「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」の出場権を確保したが、新谷は「もう2度と走りたくない。何が楽しいのか本当にわからなくて。(昨年)12月からマラソントレーニングをしたけど、ここまで、よくみんな好きでマラソンやっているなって思いながら走っていた」と苦笑。他にも、「何度も挑戦したけど、マラソンの魅力がわからないし、走る人の気持ちが理解できないし、この1回でもうイヤ」「ハーフマラソンは5000メートルや1万メートルにつながると感じたけど、マラソンは何一つつながらない。何度も走ってる人は何で挑戦しているのか」とも口にしていた。

「かねてより、歯に衣着せぬ発言でファンを楽しませてきた新谷。過去には、バラエティ番組内で『世界陸上は婚活が理由で出ました。テレビに顔が映るように、2位で走っていた時は1位の選手の横にズレて走っていました』『金メダルよりも彼氏が欲しい』などと話したこともあります。また、3月4日のレース前会見でも『42.195キロの間に新しい恋人を見つけられるように頑張りたい』と語っており、これについてはレース後に『いなかったです。いなかったので、また新しい恋人を探しに旅に出ようかと思います』と笑っていました。周囲からのサポートに対しては感謝の想いを述べつつ、一連の新谷らしいコメントの数々には、ネットからも『この人の発言は面白い』『走りも、キャラクターも応援してます!』『13年ぶりのマラソンとは考えられないくらい良かったやん』『実に素直でその通りだと思う』『十分すぎるタイムを出しながら、自分には合わないと言ってしまう潔さ』などと好意的に解釈する声が多かったです」(テレビ誌ライター)

 とはいえ、やはり異論もあった。例を挙げれば、「この発言は非常にトゲがあるし、他の言い方ができなかったかなと思います」として疑問を抱く人もおり、「マラソンに命をかけて取り組んでいる人もいますから、あまりこういう事は言わない方がいい」「彼女なりにマラソンを尊重している発言なんだろうけど、あまりにも表現が攻撃的で下手すぎる。反感持つ人もいると思うよ」といったものだ。

 ともあれ、今後も好成績をともなってこそ冴えるであろう“新谷節”の炸裂ぶりに注目が集まりそうだ。

(木村慎吾)=写真はイメージ=

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大久保博元が明かした巨人大失敗の内情…原辰徳前監督は「常に無茶振りばっかり」
2
中田英寿が中村俊輔の引退試合に出場しなかった理由を盟友・城彰二が告白
3
大谷翔平の結婚相手特定に「元バスケ選手」急浮上…「キャンプ地で見守る女性」衝撃動画
4
ベタ惚れ「錦鯉・渡辺隆+大島由香里」まさかのカップル誕生に涙する「あの女芸人」
5
中日ドラゴンズを低迷させた「タニマチと夜の活動」「儲かるゴルフコンペ」選手をダメにする文化