スポーツ

ロッテ・佐々木朗希「完全試合男」を待ち受ける重大試練!(2)「どうして僕を指名した?」

 佐々木の覚醒に色めき立つのはファンばかりではない。チームを支える球団スタッフの中にも、佐々木人気に便乗する輩がチラホラ。

「チームの広報部長ですよ。まるで人気者を囲い込むように佐々木にしなだれかかっています。囲みや会見では、必ず佐々木の横に付きっきりで『その質問はNG』と横やりを入れることもしばしば。真面目な野球のメカニックに関する質問すら断られることもありました。さらに、子飼いの朝刊紙ばかりに情報を与える“メディア差別”が露骨で、佐々木が活躍すればするほど態度が不遜になっていく。一部からは『前職の記者時代にキャップすら経験していないくせに』との陰口が聞こえてきます」(スポーツ紙デスク)

 とはいえ、佐々木フィーバーに沸く球団に対し、本人はあくまで冷静。球団愛についても希薄なようで──。

「入団前から燻る球団への不信感が消えない。実は、ドラフト前に面会に来たスカウトたちに『津波で亡くした父と祖父母のいる、東北の地でプロ野球選手になりたい。東京の球団は手を引いていただけませんか』と申し入れていたんです。ドラフト前に『12球団OK』と口にしてたのは、岩手県高野連から言わされていただけだとか。セ・リーグの在京球団が指名を見送りましたが、東北に本拠地を置く楽天の他、北海道の日本ハム、在京の西武、ロッテが1位指名を強行したんです」(球界関係者)

 19年10月17日のドラフト会議で交渉権を得たロッテ。誇らしげにガッツポーズを決める井口監督とは対照的に、佐々木の伏し目がちな表情に笑顔が浮かぶことはなかった。

「指名から12日後の入団交渉の席で『あれだけ言ったのに、どうして僕を指名したんですか?』と力なく尋ねる高校3年生にロッテ担当者は『佐々木君、うちは東京じゃなくて“千葉”のチームだよ』と答えたそうです。結局、指名挨拶までに時間を要したのも、佐々木サイドが指名を断ってメジャーに行く口実を探っていたからだといいます。当時の高校の監督が旧知のメジャー関係者に相談し、1年間だけ独立リーグで浪人させるプランもあった」(球界関係者)

 それでも、苦渋の選択でロッテ入りを決断したのには、こんな理由があった。

「女手一つで育ててくれた母親と年の離れた弟に苦労させまいと考えたのでしょう。ちなみに入団条件の中に、いつでもメジャーに行ける条項を加えたという話が伝わっている。現在の年俸こそ推定3000万円に抑えられていますが、このままケガなく破竹の活躍をすれば3年後には球団の日本人最高年俸の2億円突破も見えてくる。そうなれば、昨オフの契約更改の下交渉で『一律25%ダウンからのスタート』と言い渡して、ひと悶着あったばかりのシブチン球団としては、ポスティング制度を使って放出せざるを得ないでしょう」(球界関係者)

 入団の日からメジャー行きのXデーは刻一刻と近づいている。振り返れば、温室育ちと揶揄されてきた2年間も、海を渡るための準備期間だったのかもしれない。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    塩試合を打ち砕いた!大谷の〝打った瞬間〟スーパー3ランにMLBオールスターが感謝

    日本時間の7月17日、MLBオールスター「ア・リーグ×ナ・リーグ」(グローブライフフィールド)は淡々と試合が進んでいた。NHK総合での生中継、その解説者で元MLBプレーヤーの長谷川滋利氏が「みんな早打ちですね」と、少しガッカリしているかのよ…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    新井貴浩監督が絶賛!劇画のような広島カープ野球の応援歌は「走れリュウタロー」

    プロ野球12球団にはそれぞれ、ファンに親しまれるチームカラーがある。今季の広島カープのチームカラーを象徴するシーンが7月初旬、立て続けに2つあった。まずは7月4日の阪神戦だ。3-3で迎えた8回裏、カープの攻撃。この試合前までカープは3連敗で…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
伊達綱宗に5億円を要求!身請けされても指1本触れさせず斬殺された「悲劇のトップ花魁」
2
38歳で完全に浜崎あゆみ路線!AAA宇野実彩子の過激化に賛否勃発も「一度露出したら止められない」
3
撤退バイデン「老害批判」のトランプに「当選すればお前こそ老いぼれ大統領」最高齢記録更新の大ブーメラン
4
【ヤバイぞコロナ】5類移行後の「最大波」が襲来!過去の免疫をいとも簡単にすり抜ける「新変異株」の正体
5
「巨人軍は冷たい。それは今も感じている」西本聖が嘆いた現役時代の「仕打ち」