政治

ロシア軍の「殺人ウイルス兵器」は厚労省指定の「重点感染症」と一致していた!

 ロシアのウクライナ侵攻と大虐殺における「新展開」として懸念されているのが、生物兵器の使用である。日に日に現実的になっているといい、ロシア事情に詳しい軍事アナリストは、

「ロシアが開発している生物兵器は数種類あると言われています。炭疽菌とボツリヌス、ペスト、エボラウイルス、マールブルク熱、そして天然痘です」

 その中でアメリカが警戒するのは天然痘だ。天然痘は1980年に世界保健機構(WHO)が撲滅宣言を出し、人類が初めて制圧した殺人ウイルスとして知られる。医療ジャーナリストが言う。

「研究目的のため、WHOが指定するアメリカ疾病予防管理センターとロシア国立ウイルス学・生物工学研究センターの2施設に天然痘ウイルスは保管されており、ソ連が崩壊した際には、ソ連の研究所から持ち出されたと言われます」

 想像したくもないが、もしロシアが天然痘やエボラといった殺人ウイルス兵器を用いれば、ウクライナにとどまらず、瞬く間に世界中に広まることになろう。

 そこで生死を分けるのが、肩に残る瘢痕だ。

「日本では1976年まで天然痘ワクチン接種を行っており、2006年に発表された論文では、ワクチン接種を受けた現在46歳以上の日本人の8割が天然痘の抗体を持っていることが判明しました」(前出・医療ジャーナリスト)

 日本国内で備蓄している天然痘ワクチンは、250万人分。45歳以下の全ての国民に接種するには、あまりに少ない。

 そこで厚生労働省の審議会は4月15日、ワクチンや薬の研究開発を加速させるために新たに指定する「重点感染症」の暫定リストをまとめた。選ばれたのは新型コロナウイルス感染症やエボラ出血熱、ペスト、狂犬病、ボツリヌス、天然痘…。お気付きだろう。これら「重点感染症」とロシアの生物兵器はほぼ一致するのだ。

 我々の知らない間にリアルバイオハザード(生物災害)はすぐそこまで忍び寄っている──。

カテゴリー: 政治   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
西武・松井稼頭央「45試合でクビ」はまだマシ…球界「超短命監督」の悲しすぎる歴史
2
高額チケット代に見合ってない!ソシエダ久保建英の凱旋ツアーがファン泣かせの「三重苦」だった
3
年内に大関、来年は横綱へ!石川県が生んだ「史上最強候補」大の里にブレーキをかける唯一の「課題」とは
4
サイ・ヤング賞候補なのに先発投手ランキングから消える…カブス・今永昇太「防御率0点台」に立ちはだかる「問題」
5
キッズ商品に大谷バブルの悪影響!ママたちがドジャースの高級ブランド化に「大谷さん、何とかして」と悲鳴