スポーツ

“怪物”オルフェーヴルが種付け開始(3)「種牡馬・オルフェーヴルの期待度は?」

 種牡馬・オルフェーヴルの期待度について、東京スポーツでコラム「海外競馬解析」を執筆する秋山響氏が話す。

「1200万円で種牡馬入りしたディープに負けないほど、海外での知名度も抜群なので、繁殖牝馬が送られてくる可能性は高そうです。その強さは誰しもが認めるところです」

 血統に詳しい競馬ライターの水上学氏が、オルフェーヴルの特長について解説する。

「種牡馬として注目されるのは、父母の双方から伝わる大種牡馬ノーザンテーストの遺伝力。そもそもオルフェ自身がそっくりの外見です。70年代末から80年代にかけての日本競馬を支えたスーパーサイアーのパワーが、オルフェを通して産駒に伝わるかどうかが大きなポイントです。また、父・ステイゴールドの気性の強さ、これは父の叔父であるサッカーボーイに由来するもので、勝負根性という意味でプラスに作用するはずです」

 気になる点は、名種牡馬の3代目という血統背景。ここ50年の最高種牡馬と呼ばれるノーザンダンサーの場合、孫のガリレオとデインヒルが、欧州とオーストラリアを席巻しているが、日本ではこの点を不安視する声も聞かれる。水上氏が続ける。

「中央競馬ではフジキセキ産駒の種牡馬(ダイタクリーヴァなど)、アグネスタキオン産駒の種牡馬(ディープスカイなど)が子供をデビューさせているが、SS3世代目種牡馬から、ここまで大物感を漂わせている馬は出ていない。ただ、それも当然で、牧場もSSやディープを付けていた一流の繁殖牝馬を、そうそう毎年SS系にばかり配合するわけにはいかないし、日本競馬にSS系が飽和しつつあることもあって、より配合相手が限られてしまう。だから3代サイアーラインが定着するのはかなり困難なのだが、オルフェ自身がかなり傍系の母を持っているので、SS系以外ならどの系統の牝馬でも付けられる強みがある。その意味では産駒に多様性が出てくる可能性もあって、リーディング上位も夢ではないだろう。反面、オルフェ自身のレースぶりからは『一代横綱』になりかねない強烈な個性がうかがえるので、その悪い面が強く出そうな不安もある。期待と不安、半々といったところです」

 慎重を期した種付け作戦が吉と出るか凶と出るか。オルフェーヴルの快進撃第2幕に期待したい。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
謎の放置状態で急浮上した「クビになるタレント2人」の「証拠映像」
2
これは見ておくべき!谷まりあ「とんでもない大きさのバスト」を大サービス
3
「仕事がないものですから…」沢田研二が伏せていた「田中裕子との関係」/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
4
プロ野球「隠ぺいされた不協和音」ワースト7(3)原采配のシワ寄せを受ける巨人・坂本勇人
5
有吉弘行「性ビデオ業界転身」も考えた…「故郷の広島に帰る」宣言で夏目三久はどうする!?