事件

紳助親分の「使用者責任」(3) 上岡龍太郎も紳助に激怒!

 一方、2人の関係が危うくなった原点はさらにさかのぼると指摘する声も出ている。
「松本が一時期、お笑い界の大御所・ビートたけし(64)と、周囲や双方の誤解からメディアを通じて牽制し合っていたと言われる90年代の話です。当時、紳助が『俺はたけしさんをひょうきん族の頃から知っとる。ツーカーや』『たけしさんとのラインを作ってやる。俺に任せろ』と松本に大見得を切り、仲介役を買って出たといいます」(前出・お笑い関係者)
 そうすることで、自分に尊敬のまなざしを向けさせ、みずからを頭の上がらない存在にしようとしたというのである。
「松本も最初は『兄さん、頼みます』と言っていた。ところが、『会わせたる、会わせたる』と言って、いつまでたっても進展がない。その後、実際は紳助とたけしに交流がないことがわかり、松本は紳助に強烈な不信感を抱いたと聞きます」(前出・お笑い関係者)
 結局、相いれなくなった紳助と松本、2人の違いについて、前出のラリー氏はこう指摘する。
「大きな違いはまず、松本人志は純粋に『お笑い』の世界を作りたい人。だから、お笑い番組でも企画会議で自分の意見をしっかりと反映させ、コントロールしようとします。一方、島田紳助は、憧れの存在が上岡龍太郎(69)や古舘伊知郎(56)だったように、場を仕切る名司会者になりたかった人。あくまで漫才も、そこに行くための踏み台でした。その後ろめたさから『M‐1』を作ったと言われるほどです」
 ところで、先の発言でも登場した上岡といえば、引退会見でも紳助は「心の師」と表していた。「同じ年で引退した上岡さんには運命を感じている」とも話していたが、実際には上岡が引退したのは58歳である。 松本同様に、苦し紛れで上岡の名前まで利用したのだろうか。
「先頃、笑福亭鶴瓶(59)が『(上岡)師匠は〝俺はヤクザとつきあって引退したんと違う〟と話していた』と暴露しました。その冷めた発言は、過去にわだかまりがあるからです。かつて紳助は、関西で確固たる地位を築いていた上岡のポジション欲しさに、人気番組『探偵!ナイトスクープ』(朝日放送系)の総合司会を水面下で奪おうとしていたといいます。まだ上岡の現役当時ですよ。それが上岡に伝わり、関係が冷えきりました」(在阪の芸能記者)
 いやはや、紳助親分は近しいはずだった大親分からも子分からもそっぽを向かれていたようである。
 しかし、前出の日テレ関係者はこう残念がる。
「松本さんは、紳助さんに直接苦言を呈したかったようで、紳助さんも松本さんの意見ならば真摯に受け止めていたでしょう。しかし松本さんは、先輩の紳助さんに遠慮して、数々の暴走を諌めることができなかった。いまさらですが、もし松本さんがもっと紳助さんに苦言を呈していれば、紳助さんの暴走を止めることができたのかも‥‥」
 私利私欲にまみれた暴君の地位を松本が継ぐことはなさそうだ。

カテゴリー: 事件   タグ:   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
日テレ水卜麻美、「スッキリ」卒業で色白Eバスト求め視聴者も「ZIP!」大移動!?
2
桑田真澄、クロマティが明かしていた巨人に15年間も呼ばれなかった理由
3
割れ目のドアップが?綾瀬はるか、「天国と地獄」で見せた“よつんばい”ポーズの衝撃!
4
「ゴチ」新メンバー予想合戦の一方で広がる「引っ張り過ぎ!」飽き飽きの声
5
茂木健一郎、鼻マスク受験生“頑な擁護”で想起される「松本人志とのイザコザ」