スポーツ

サンスポ水戸正晴の「絶対万券」論「テルツェットの末脚が炸裂」

 今週のメインはヴィクトリアマイルだ。今年で17回目を迎えるまだ新しいGI戦で、4歳上牝馬によるマイル戦。登録馬は22頭を数え、今年もフルゲート(18頭)必至である。

 歴史の浅いGI戦だが荒れることが多い。過去16年間で馬単による万馬券は7回(馬連は3回)もあり、1、2番人気馬によるワンツー決着は1回のみ。簡単に人気サイドで決まりにくいGI戦であることは、知っておくべきだろう。

 また、牝馬は6歳になると繁殖に上がる馬が多く、年齢的には4、5歳馬が群を抜いている。15年に1度だけ6歳馬同士で決着したが、6歳以上の馬は2勝(2着1回)と、これまで連対を果たしたのはストレイトガール(15年、16年連覇)と、ケイアイエレガントの2頭しかいない。

 4、5歳馬の比較では、生きのいい4歳馬が8勝(2着11回)と5歳馬(6勝、2着4回)を圧倒している。今年は4歳馬が5頭出走を予定しており、軽視は禁物だ。

 では、顔ぶれを見てみよう。右前脚の故障により約1年ぶりのレースとなる三冠牝馬のデアリングタクトを筆頭として、レイパパレ、ソダシ、レシステンシアのGI馬に、GIで2、3着の好走実績があるソングライン、ファインルージュ、アンドヴァラナウトの4歳勢。さらに前哨戦の阪神牝馬Sの上位組メイショウミモザとデゼル、そして牝馬限定の重賞で2戦続けて連対を果たしているクリノプレミアムなど、とにかく多彩なメンバーだ。

 ただ今年はどうだろう。GI馬の実力派が実績どおりの走りを見せてくれるのかどうか。牝馬は消長が激しく最盛期が短いとされており、やや疑いの目を向けてみたいところもある。

 ということで、穴党として最も期待を寄せたいのは5歳馬のテルツェットだ。

 期待された昨秋のエリザベス女王杯では11着と人気を裏切り、今期初戦となった前走の中山牝馬Sでも5着に敗れた。この2戦でやや評価を下げた格好だが、であるなら穴党としては好都合。実績は有力どころにヒケを取らないからだ。

 GIIIとはいえ、1600メートルと1800メートルの重賞を制しており、勝ち鞍6勝のうち4勝をマイル戦であげている。この距離を最も得意としているのは周知のことだろう。

 むろん、状態もいい。休み明けの前走を使われ、この中間、大幅な良化ぶりをうかがわせている。ウッドチップコースで行われた1週前追い切りも軽快かつリズミカルだった。

 雰囲気のよさに和田調教師は「いい意味で活気が出てきた。それでいて落ち着きがあるのもいい。距離的に融通性はあると思っているが、やはりマイル戦がベスト。しまいを生かす形で、持ち味の鋭い決め手を生かせれば」と、言葉をはずませ、ヤル気をにじませているほどだ。

 オークスのほか、海外のGIで3勝をあげた女傑ラヴズオンリーユーなど、近親、一族に活躍馬が多数いる良血。頂点に立つにふさわしい馬であり、よほどの道悪にならないかぎり、大きく狙ってみたい。

 穴中の穴として、ローザノワールを狙ってみたい。

 勝ち鞍5勝のうち4勝がダート戦ということでダート馬に思われがちだが、近走は芝を使われており、イメージを一新させている。

「年齢とともに落ち着きが増して、折り合い面で進境がうかがえる。使われて状態もアップしており、楽しみは持っている」とは西園調教師の弁。

 母系は欧州の一流血脈で“一発”があっていい。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「仕事がないものですから…」沢田研二が伏せていた「田中裕子との関係」/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
2
黒島結菜 どんどん出てくる「オトコ遍歴」と魔性素顔
3
「女子アナを辞める!」水卜麻美が「責任問題」で日テレ退社後に選ぶ「意外な職業」
4
これで大逆転!吉岡里帆が「バスト公開映像」を解禁した「背に腹は代えられない事情」
5
「ポスト水卜麻美」はショートカットにタプタプのバスト…小高茉緒の桃色天気予報が眼福すぎる