スポーツ

競馬特捜隊「新馬戦アナライズ」この馬券を買え!~海外新種牡馬編~

 米国から2017年に輸入されたドレフォンは、昨年度のファーストシーズンサイヤーチャンピオンを獲得。さらに、その代表産駒ジオグリフが皐月賞を制覇したことにより、輸入種牡馬への注目度が一段と高まっている。

 今年の輸入種牡馬で産駒数が最も多いのは、社台スタリオンで繋養されているマインドユアビスケッツ。その数は103頭で、唯一100頭を超えている。

 同馬はドバイゴールデンシャヒーンなどダートの短距離GIを3勝した、ニューヨーク産の快速馬。父Posse、母父Toccetともにデピュティミニスター系で、バリバリのダート馬という印象だ。ちなみにドレフォンとは4度対戦して3回敗れており、血統的価値も含めてやや下と見ざるをえない。仕上がり早で、ダートのマイル以下が主戦場となりそうだ。6月5日(土)の中京・芝1400メートルに、メイクザビート(牡、栗東・西園正厩舎)が出走予定。

 産駒数2番目(88頭)のデクラレーションオブウォーは、芝GI2勝のザファクター、アメリカンペイトリオットに続く、3頭目のWar Frontの後継種牡馬だ。輸入後にオーストラリアや米国で次々にGIウイナーが誕生したこともあって、2年目以降も安定して100頭を超える牝馬を集めている。日本では現在、外国産馬デュードヴァンがダートのオープン馬として活躍中。

 芝向きだが、ダートもこなせて潰しの利く、使いやすいタイプ。仕上がり早で、距離も2000メートルまで大丈夫だ。6月19日(日)の函館・芝1200メートルに、ラビアンムーン(牝、美浦・嘉藤厩舎)が出走予定である。

 ドバイのモハメッド殿下率いるダーレー・ジャパンが導入したタリスマニックは、2017年のブリーダーズカップターフの勝ち馬だ。母系がディープインパクトを出した牝系ということで注目を集めている。産駒数は70。

 父Medaglia d’Oloは米国で大成功をおさめているエルプラド系種牡馬で、日本ではダートで活躍した外国産馬ヴィットリオドーロが出ている。

 距離はマイルを中心に、中距離までOK。日本向きの血を内包していることからも、期待は大きい。グッドルックス(牡、美浦・竹内厩舎)が順調に調教を進めており、近々デビュー予定だ。

(兜志郎/競馬ライター)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
楽天に蔓延する「田中将大は不要」電撃退団後にプライドを捨てて「テスト入団」を!
2
イギリスに実在した「世界最恐のサイコパス双子姉妹」ジューンとジェニファーの「双子語」狂乱人生
3
「ヤリ投げ投法」で故障離脱のドジャース・山本由伸に「球団が契約破棄できるオプトアウト条項」あり【2024年6月BEST】
4
吉沢京子「芦屋夫人」を捨てた離婚と「中村勘三郎との6年愛」仰天告白/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
5
韓国から「出ていけ!」ホン・ミョンボ代表新監督への〝ウソつき呼ばわり〟は日本人選手がキッカケだった