芸能

人気美女アナがハマる「異常行動」を徹底検証(1)「ZIP!」でも止まらない日テレ・水卜麻美の爆食

 視聴率低迷、広告収入の減少、テレビを取り巻く厳しい環境に見切りをつけ、人気アナの「退社」が相次ぐ緊急事態が起きている。一方、業界に残る美女アナたちも、ストレス発散やひとときの癒やしの時間を求めて、清楚なイメージからは想像できない“クセスゴ”な「異常行動」にハマっていた‥‥。

「大食い女子アナ」の先駆者である日本テレビの水卜麻美アナ(35)の爆食は、総合司会を務める朝の情報番組「ZIP!」でも止められなかった。生放送でバキューム胃袋ぶりを目撃した同局関係者も感嘆しきりに、

「今春から『一緒にあさごはん』のコーナーが始まりました。京都の山椒ごぼうやはちみつレモンジンジャーなど、毎回、ご飯やパンに合うお供を紹介しながら、水卜アナが食事をするのですが、同コーナーの時間は約1分ほど。食べ切らなくてもいいのですが、おいしすぎてあっという間に完食してしまうのです」

 豪快な早食いにスタッフも心配するほどだが、当の本人は物足りないご様子だという。視聴者の反応も「朝からミトちゃんの食べっぷりが最高」と概ね好評のようだが、心配事もあった。

「今までの食事ルーティーンに1食加わったため、体重のコントロールが難しいそうです。夏の恒例イベント『24時間テレビ』のチャリティーTシャツはSを着るこだわりがあり、毎年、この時期からダイエットを始めているのですが、今年は間に合わないのではないかと囁かれています」(日テレ関係者)

 ピチピチで出演してくれれば、それはそれでファンにとっては僥倖だろう。

 同局の大食いでは、情報番組「スッキリ」のサブMC・岩田絵里奈アナ(26)も目をみはるものがあった。芸能評論家の織田祐二氏が太鼓判を押す。

「オンエア前から麻婆豆腐丼やカップラーメンを平らげ、ランチでカレーとうどんをペロリ。入社以来7キロ太ったことも明かし、『水卜イズム』の継承者は岩田アナしかいません」

 同番組に3月まで出演していた杉原凜アナ(25)は、愛らしいキャラから想像できない「性癖」を告白していた。女子アナウオッチャーの丸山大次郎氏はそのクセに驚いた様子で、

「昨年2月放送の『スッキリ』で、猫が飼い主のスニーカーの臭いを嗅いでコーフンしている動画が流れると『でも、何となくわかりますけど、その刺激臭』と、猫に共感。出演者に真意を追及され、『自分の(足)に限る』と断りを入れた上で、『たまに自分の足の臭いも嗅ぎます‥‥』と、臭いフェチをカミングアウトしました」

 最後は開き直って、足の裏の臭いを嗅ぐことをお勧めした杉原アナ。まだまだ秘めた性癖がありそう!?

 続いて、フジテレビの入社2年目・竹俣紅アナ(23)は、多忙な仕事にストレスが溜まってきているようだ。同局の関係者が語る。

「アナウンス室としてはバラエティー路線ではなく、報道系で現場経験を積ませていく方針。4月に交通マナーの取材のために栃木県に遠征し、半日かけて地域住民に話を聞いていました。6月に入っても、東京の多摩地域まで足を運んで、妻へのDVで逮捕された国税職員の自宅周辺を聞き込み。2時間以上取材してもオンエアは3分にも満たなかった。ドサ回り取材のストレスのハケ口になっているのが激辛料理です。特に『蒙古タンメン中本』がお気に入り。行く先々で店舗があるかを検索し、激辛メニューの北極ラーメンをテイクアウトして帰ることも。休日にも限定メニューを追いかけて遠征するほどの中本マニアだと聞いています」

 関東近郊に点在する全店制覇も時間の問題か。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    “JRA有馬記念VS年末ドリームジャンボ”一攫千金を叶えるならどっちが現実的?

    Sponsored
    239326

    ◆年末の風物詩である有馬記念師走となれば誰もが一攫千金を夢見る。その対象は大きく分けて2つ、JRAの有馬記念(G1)と年末ドリームジャンボ宝くじだ。馬券は実力次第で的中を手繰り寄せることができる一方、宝くじは完全な運任せ。まったく対極にある…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    「テーオーケインズを脅かす人気薄…」三冠騎手を育てた鬼教官のチャンピオンズC穴馬

    Sponsored
    236409

    ◆ワールドカップ以上の注目イベント!中東のカタールで行われているFIFAワールドカップは、日本代表が優勝候補のドイツに劇的な勝利。コスタリカ戦も終え、12月1日に注目のスペイン戦を控えている。決勝トーナメントに向け、森保監督の采配が注目され…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    1800万円VS100万円の戦い!JRA阪神ジュベナイルフィリーズに下剋上あり?

    Sponsored
    237214

    ◆男なら誰もが羨む話だが…競馬の面白いお金の話がある。それが種付け料だ。かつて産駒が数億円単位で売れていたディープインパクトの場合、1回の種付け料が4000万円に達したことがある。1度の種付けが家やマンションと同じ価値というのだから、リスク…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
歴史発見!親の仇・織田信長をうならせた…今川義元の子・氏真「名人級の技」
2
田原俊彦が思わず口走ったジャニー喜多川氏への本音「ジャニーさん、何も考えてないよ」
3
坂本勇人スキャンダルでも懲りず…巨人「女性暴行」メジャー追放投手を獲りたいって!?
4
「やれるものならまだやりたかった…」高橋由伸が明かした巨人監督「最終年の苦悩」
5
「ゼロじゃないと思う」阪神・矢野前監督が「サイン盗み疑惑」に驚愕発言!