政治

参院選「こいつだけは当選させたくない!」スキャンダル候補者を追い落とす「落選運動」の衝撃事情

 選挙戦がスタートした参院選は、7月10日投開票。選挙カーが候補者の名前をがなり立て、投票を呼びかけているが、日本では「落選運動」なるものが認められている。

 物価高対策、ウクライナ侵攻に関係した安全保障問題などが今回の大きな争点ではあるが、今ひとつ焦点がぼやけている。だが「この人だけは当選させたくない」という候補者が出てくることもあろう。

 落選運動については、21年秋の衆院選と最高裁裁判官国民審査で、選択的夫婦別姓や同性婚に反対する人を落とそうという「ヤシノミ作戦」が展開された。IT企業「サイボウズ」の青野慶久社長がサイト管理者で、7月の参院選でも実施されている。

「このサイトには、16年に当選して22年に改選となる予定の参院議員について、選択的夫婦別姓、同性婚に関する意見の一覧表を掲載しています」(政治部デスク)

 サイトに記載されている「夫婦同姓も素晴らしい。夫婦別姓も素晴らしい。異性婚も素晴らしい。同性婚も素晴らしい。ダメなのは、その選択肢を用意しようとしない政治家です。ヤシノミ作戦では、そんな政治家たちをリストアップし、落選に導いていきます」という運動の趣旨に賛同し、単にカネやスキャンダルではなく、ワンイシューで投票行動を決めていこうということが、共感を呼んでいる。

 また「政治家を追え 落選運動ポータルサイト」では、過去の政治家の不祥事を取りまとめている。投票前に自分の選挙区の候補を調べてみるのも大切だ。

 例えば東京選挙区で自民党から立候補予定の朝日健太郎参院議員は当選確実と言われているが、同サイトを見ると、20年の東京新聞で報じられた、視察先の団体からの性ハラ抗議関係の記事がある。

 インターネットで「落選運動」と検索すると、自民党内では岸田派と安倍派が事あるごとに対立していることもあり、「岸田派(宏池会系)の議員を落選させよう」という呼びかけもあるのだ。

(健田ミナミ)

カテゴリー: 政治   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    まだそんなに料金払ってるの? 今さら聞けない光回線カンタン乗り換え術

    Sponsored
    231550

    「も~、うちのネット回線ってマジ遅いんだけど?ホントに光なの?」今年、大学受験を控える娘がプリプリした態度で怒鳴り込んできた。自室で受講していたオンライン塾の画面がフリーズしたという。M氏(51歳)は、妻と共働きで、高3の娘、中学2年になる…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
日本ハム「やればやるほど赤字」東京ドーム試合やめた!釧路も帯広も静岡も「全中止」の衝撃
2
木村拓哉がウーバー配達員に…「ゴゴスマ」サプライズ出演で大阪府民が大激怒
3
「中絶トラブル」広島カープ・中村奨成が成績ナシでも「年俸100万円ダウン」で済んだ理由
4
日本ハム・新庄監督と「ケンカ別れ」金子誠コーチのロッテ入りで「遺恨バトル」勃発
5
局員激白!加藤浩次「スッキリ」が打ち切られる「本当の原因」