芸能

増田惠子「今の私があるのは恩師の方々のおかげ」

●ゲスト:増田惠子(ますだ・けいこ) 1957年、静岡県生まれ。1976年、「スター誕生!」(日本テレビ系)の決戦大会で合格し、同年、ピンク・レディーとして「ペッパー警部」でデビュー。「渚のシンドバッド」「ウォンテッド」などのヒット曲を出し、1978年「UFO」で日本レコード大賞受賞。1981年、中島みゆき作詞・作曲の「すずめ」でソロ・デビューし、40万枚の大ヒット。7月27日、ソロデビュー40周年記念アルバム「そして、ここから…」発売。9月2日には「ビルボードライブ横浜」にてLIVEが開催される。

 アイドルとして超多忙な70年代を駆け抜け、現在はソロ歌手として大人の魅力を発信し続けている増田惠子。ソロデビュー40周年記念アルバムを引っ提げて、当対談に再登場だ。ピンク・レディー時代の下着事情まで、旧知の仲の天才テリーに全てを打ち明けた。

テリー もうすぐソロデビュー40周年の記念アルバムが出るんだよね。

増田 ありがとうございます。新曲も5曲入ってるのが、すごくうれしいです。

テリー あと、結婚も20周年なんでしょう? 誰に聞いたか忘れたけど、「ケイちゃんと旦那さんがすごく仲いい」って言ってた。

増田 そうですか? 別に普通ですよ。

テリー ケンカは?

増田 してますよ。

テリー 何が理由で?

増田 うーん、何だろう。猫が2匹いるんですけど、猫のことは私のほうが詳しいんですね。主人は犬派だから。なのに知ったかぶって、いろんなことを言ってくるから‥‥とか。

テリー あ、そう(笑)。幸せそうだね。

増田 アハハハ。

テリー でも、改めてソロデビュー40年ってすごいね。だって、あのピンク・レディーのケイが64歳だよ。

増田 9月で65です。この年齢になると、自分のルーツみたいなものをすごく意識するようになりますね。人生を俯瞰で見た時に、20代で「あんな大変なことをやってのけたんだから、この先何があっても私は大丈夫だ」って。それが人生の礎になってるから。もちろん18歳で上京して、私が今もこうして活動できてるのは、阿久悠先生、都倉俊一先生、土居甫先生と、ピンク・レディーをつくってくださった方たちがいるからだなって感謝もしてますし。

テリー ケイちゃんの人生を変えた人たちだよね。

増田 「スター誕生!」でピンク・レディーをスカウトしてくださった相馬(一比古)さんが2005年に末期のガンで突然亡くなっちゃったんですよ。ちょうどピンク・レディーで復活コンサートをやっていた時だったから、このままコンサートを続けていいのかなって思うぐらいショックだったんですけど。で、何とか終えたら、その2年後に阿久先生と土居先生も相次いで亡くなっちゃって。

テリー ああ、そうだっけ。

増田 あの時は、なにかピンク・レディーというものが消えてしまったというか、自分の手足をもぎ取られたみたいな感じで、すごく喪失感が大きかったですね。

テリー 最期、皆さんとは何か話せたの?

増田 土居先生の時は、土居先生の最後のお弟子さんに電話したら、もうICUに入ってらして。誰にもお会いにならないってお話だったんですけど「ケイちゃんだったら」って言ってくださったんです。それで、私1人で行くより先生も喜ぶと思ってミー(未唯mie)を誘って行ったら土居先生、すごく喜んでくれて。「2人とも体だけは大事にしろよ」って何度も繰り返し言ってくれて、最後に先生と握手したら、ほんとに力強く握り返してくれたんですね。そしたら次の朝に逝っちゃったんです。

テリー そうか。

増田 そういう大事な恩師の方々がいたから、今の私があると思うし、受け取ったものをずっと大事に守っていかなきゃいけないと思いますよね。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大久保博元が明かした巨人大失敗の内情…原辰徳前監督は「常に無茶振りばっかり」
2
人前ではとても口にできない…鉄道ファンに「残念な愛称」で呼ばれる路線3選
3
中田英寿が中村俊輔の引退試合に出場しなかった理由を盟友・城彰二が告白
4
大谷翔平の結婚相手特定に「元バスケ選手」急浮上…「キャンプ地で見守る女性」衝撃動画
5
「すごく迷惑ですね」沖縄せんべろ居酒屋店員が嘆く「招かれざる客」のやりたい放題