政治

宮崎謙介<巷の陳情>突撃調査隊「安倍元総理銃撃で日本の安全は…」

 宮崎さんは確か、安倍チルドレンではなかったでしょうか。今回、安倍元総理が銃撃されたこと、この銃社会ではない日本でそんなことが起こったという事実を、どのようにお考えになりますか。日本が安全な国ではなくなっている気がしています。

 7月11日に行われたお通夜に、私も参列してきました。大勢の弔問客、そしてたくさんのテレビカメラがあり、安倍さんの存在がいかに大きなものだったのか、考えさせられました。

 安倍さんは歴代最長の在任期間を記録した総理であり、数々の実績を残しています。第2次安倍内閣では、さらに存在感を増しましたね。アベノミクスを知らない国民はいないでしょう。

 また、地球儀を俯瞰する外交と銘打って、他のどの総理大臣よりも、外交に力を尽くしてこられました。

 私はかねてより、国会議員の役割は2つあると考えていました。ひとつはマクロ経済、もうひとつは外交です。極端なことを言うと、それ以外のことは国会議員でなくても役割を果たすことができるのです。

 裏を返せば、この2つは国会議員でしかできない仕事。これを国のトップとして徹底的に推し進めたのが、安倍さんでした。

 銃撃した犯人は41歳の無職男性ですね。特定の宗教に対する恨みがあったと報道されています。政治的なところでの恨みではなく、宗教的なことから発生する恨みというのは予想外でした。

 母親を崩壊へと導いた個人的な怨恨からくる犯行ということですが、安倍さんが標的になってしまうまでの経過をもっと知りたいものです。

 安倍さんからその宗教団体に送られたビデオメッセージもメディアに出てきておりますが、もしかするとこれからもっと、根深い彼の闇が掘り起こされるかもしれません。今のところ、彼の心のメカニズムは、私には理解できませんが。

 僕はこう想像しているんです。犯人が社会的孤立と経済的不安を抱えていたことを。将来に対する夢も希望も持てなかったということを。こういったテロが起きると、これは単なる社会のバグとして片付けてしまってはいけない、と思うのです。

 大抵の事件は、どこか理解できない凶悪犯の仕業として終わってしまっていますが、その背景に何があったのか、どのような社会問題が潜んでいるのか、これを徹底的に分析し、解決していかなければ、第二、第三の犯行が起こってしまうかもしれません。

 安倍さんという大きな存在の損失をそのままにせず、幅広く多角的な視点を持って検証するチームを作ってほしいですね。

 銃社会ではない日本で、銃による殺害事件が起こったことは、異例だとは思います。この件は再度、取り上げさせて下さい。

 誰よりも日本を愛し、日本のために戦い続けてきた安倍さんが凶弾に倒れたことは非常に残念だし、しばらく胸に穴が空いたような喪失感を拭えないかもしれません。

 ご冥福を心よりお祈り申し上げます。

宮崎謙介(みやざき・けんすけ)◆1981年生まれ。早稲田大学商学部を卒業後、日本生命などを経て12年に衆院議員に(京都3区)。16年に議員辞職後は、経営コンサルタント、テレビコメンテイターなどで活動。近著に「国会議員を経験して学んだ実生活に即活かせる政治利用の件。」(徳間書店)。

カテゴリー: 政治   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言
2
太川陽介を「バスの悪魔」とコキ下ろし!「あのちゃん」まさかの「バス旅復讐戦」へ
3
【鉄道】新型車両導入に「嫌な予感しかしない」東武野田線が冷遇される「不穏な未来」
4
プロ野球 セパ「12球団の一平ちゃん」を暴く!(3)佐々木朗希「成績度外視メジャー入り」密約で総スカン
5
1編成に2室だけ!東海道新幹線に導入「高額個室」は「芸能人御用達」と化す