芸能

異端発掘!ニッポン「ロック革命的名盤」/3部構成の大曲「私は風」を生んだ「カルメン・マキ&OZ」の空前セールス

 75年1月に発売され、日本のロック史上前例のない10万枚のセールスを記録。それが、日本の女性ロック・ヴォーカリストの草分けであるカルメン・マキが、ギタリストの春日博文と結成したカルメン・マキ&OZによる、セルフ・タイトルのファーストアルバムだった。

 マキは高校中退後、寺山修司主宰の劇団「天井桟敷」に参加し、69年に「時には母のない子のように」でソロデビュー。この曲の大ヒットにより「アングラの女王」としてマスコミの脚光を浴びるが、ジャニス・ジョプリンに傾倒していた彼女は次第にロック指向を高め、71年9月、ブルース・クリエイションとの共作で「カルメン・マキ/ブルース・クリエイション」を発売。本格的ロックシンガーとして活動をスタートさせることになる。

 そして、ブルース・クリエイションのドラマーだった樋口晶之に、春日(g)、鳴瀬喜博(b)といったメンバーが加わり、カルメン・マキ&OZが結成。ディスコや学園祭で、人気を集めるようになっていく。

 ただ、このバンドはメンバーの出入りが激しく、同アルバムのレコーディング中にも交代するというアクシデントもあった。

 ハイ・トーンでシャウトするマキのヴォーカルと、トニー・アイオミ(ブラック・サバス)を彷彿させる春日のヘヴィーなギター・ワーク、さらに、ドラマティックに畳かける楽曲構成は秀逸で、1作目にして、すでにバンド・スタイルを確立させていた。

 アルバムはAB面合わせて6曲。うち、ハード部分と抒情的部分のコントラストが素晴らしい1曲目「六月の詩」を含め、3曲が組曲である。さらにそのうちの2曲は、11分を超える大作だ。

 シングルカットされたB面1曲目「午前1時のスケッチ」では、SEとして街頭のノイズを使用するなど、映像的手法を取り入れている点も特筆すべき部分だ。

 アルバムのハイライトを飾るのが、SHOW-YAの寺田恵子はじめ、数々の女性シンガーらが、必ず一度はコピーするといわれる伝説の名曲「私は風」。

 ブリティッシュ・ハード系のヘヴィーなギターに始まり、哀愁漂うピアノをバックに、しっとりと歌い上げるマキ。ゲストに迎えた深町純のハモンドとシンセがプログレ風味を添え、再び春日のギターと千代谷晃のベースが唸りを上げる。3部構成で次々に表情を変える組曲は、圧巻のひと言に尽きる。

 バンドは77年に3rdアルバムを発売後、解散。その後、マキはソロとして活動した後、LAFF、5Xなどを結成し、さらにハードな路線を突き進むことになる。そんな彼女の原点であり、日本ロック史に金字塔を打ち立てたのが、このアルバムだったのである。

(山川敦司)

 1962年生まれ。テレビ制作会社を経て「女性自身」記者に。その後「週刊女性」「女性セブン」記者を経てフリーランスに。芸能、事件、皇室等、これまで8000以上の記者会見を取材した。「東方神起の涙」「ユノの流儀」(共にイースト・プレス)「幸せのきずな」(リーブル出版)ほか、著書多数。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    塩試合を打ち砕いた!大谷の〝打った瞬間〟スーパー3ランにMLBオールスターが感謝

    日本時間の7月17日、MLBオールスター「ア・リーグ×ナ・リーグ」(グローブライフフィールド)は淡々と試合が進んでいた。NHK総合での生中継、その解説者で元MLBプレーヤーの長谷川滋利氏が「みんな早打ちですね」と、少しガッカリしているかのよ…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    新井貴浩監督が絶賛!劇画のような広島カープ野球の応援歌は「走れリュウタロー」

    プロ野球12球団にはそれぞれ、ファンに親しまれるチームカラーがある。今季の広島カープのチームカラーを象徴するシーンが7月初旬、立て続けに2つあった。まずは7月4日の阪神戦だ。3-3で迎えた8回裏、カープの攻撃。この試合前までカープは3連敗で…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
伊達綱宗に5億円を要求!身請けされても指1本触れさせず斬殺された「悲劇のトップ花魁」
2
38歳で完全に浜崎あゆみ路線!AAA宇野実彩子の過激化に賛否勃発も「一度露出したら止められない」
3
撤退バイデン「老害批判」のトランプに「当選すればお前こそ老いぼれ大統領」最高齢記録更新の大ブーメラン
4
【ヤバイぞコロナ】5類移行後の「最大波」が襲来!過去の免疫をいとも簡単にすり抜ける「新変異株」の正体
5
「巨人軍は冷たい。それは今も感じている」西本聖が嘆いた現役時代の「仕打ち」