女子アナ

ニッポンの「タブー」大百科(2) 女子アナ編 本田朋子が隠す「スーフリ密接交際者」過去 平井理央 「アイドル時代」のファン激怒事件

テレビ画面に華を添える女子アナたち。やはり、芸能人同様にタブー を抱えている。しかも、彼女たちは会社員。社内の人間関係も複雑に関連している。
 広告代理店関係者が言う。
「女子アナの最大のタブーは就職以前のスキャンダルです。入社してから、発掘されますからね。ファッション誌でモデルをしていたぐらいならいいけど、スポンサーの手前、男の話題はかなりマズい」
 確かに、この種のタブーは非常に多い。フジテレビの加藤綾子アナ(26)は、中学時代にホストと交際していたことが報じられた。また、同じくフジの松尾翠アナ(28)も、学生時代の不倫愛が報じられている。フジテレビ関係者が話す。
「当然、本人たちの前で、その話題はNGです。ウチの局アナは、その手の話題に事欠かないから困ります。でも、本当にヤバいのは、本田朋子(28)のスキャンダルですね」
 さらに、タブーの宝庫となっているのが、フジの平井理央アナ(28)である。
女子アナ以前に、アイドルだったことは有名な話だが、
「女子アナになってから、『歌が下手だった』とか、『B級アイドルのくせにオタクのファンとの握手を毛嫌いしていた』とか報じられたから、やはり平井本人の前ではアイドル時代の話はできないですね」(前出・フジ関係者)
 平井アナの極め付きタブーは、「ファン激怒事件」だろう。
「ファンからもらった寄せ書きをアッサリと捨ててしまい、ファンから詰め寄られたという一件です。彼女の二面性はアイドル時代から有名でした。フジ入社直後に、二股疑惑が報じられても、当時のファンは特に驚くこともありませんでした」(芸能ライター)
 芸能人ほど明文化はされていないが、女子アナにも「共演NG」はあるようだ。
「今年5月に日本テレビからフリーに転向した、山本舞衣子(33)は東大卒ということもあってか、とにかくプライドが高くて・・・。局アナ時代に、朝の番組でお笑いトリオの『ななめ°45』と絡んだ時に、進行を妨げられたことで急に怒りだして、『もう二度と共演したくない!』ってカンカンでした。彼らにとってはトバッチリですけどね」(日テレ関係者)
 また、フジの戸部洋子アナ( 30 )と平井アナにも根深い確執がある。
「平井は先輩の戸部の元カレだったディレクターとのデートを報じられて。激怒した戸部からトイレに呼び出されて詰められた。いまだに尾を引いていて、2人きりで話しているのは見たことがないですね」(前出・フジ関係者)
 さらに、大物司会者と日テレ女子アナ軍団の確執も深刻だという。
「福留功男さん(69)は、古巣の女子アナから総スカンなんです。真面目な福留さんは下にはかなり厳しい人ですからね。日テレの後輩の女子アナを平気でどなり散らしたせいで、敬遠されていますよ」(前出・日テレ関係者)
 女の恨みは買わないに越したことはないのだ。

カテゴリー: 女子アナ   タグ:   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
武豊ドウデュース1着固定は危ない!淀の「宝塚記念」に潜む「誰もが触れない」大きな罠
2
【天皇杯】大学生に惨敗したFC町田ゼルビア・黒田剛監督「試合後のブチまけ」悪態三昧に「お前が言うな!」
3
「ヤリ投げ投法」で故障離脱のドジャース・山本由伸に「球団が契約破棄できるオプトアウト条項」あり
4
息子2人を殺したら実の孫娘に毒殺された戦国武将「粛清王」の末路
5
日本ハム低迷時代を終わらせた新庄剛志監督を球団が本気で恐れる「今年で電撃退任」