政治

バイデン発言で米中「一触即発」日本を巻き込む「台湾有事」Xデー

 アメリカのバイデン大統領が、9月18日に放送されたCBSテレビの単独インタビューの中で、「中国が台湾に侵攻した場合はアメリカ軍が台湾を守る」と明言した。これに中国側は「強烈な不満を表明する」と猛反発。いよいよキナ臭さが漂い始めている。

 もし中国とアメリカとの間で戦争が勃発すれば、第3次世界大戦の引き金にもなりかねないだけに、バイデン氏の発言に世界中が注目しているが、実際に台湾有事が勃発する可能性はあるのだろうか。

「台湾では24年に総統選が行われますが、中国に親和的な総統が誕生しなかった場合を考慮すると、同年から25年がひとつの山場になるでしょうね。アメリカは日本や韓国、フィリピンなどの同盟国の存在により一見、中国の増長を食い止めているように見えますが、中国側も黙って指を咥えているわけではありません。パワーバランスが拮抗している間は手を出しづらいものの、台湾国内の動向によっては意外と早い時期に仕掛けてくる可能性はあります」(軍事ジャーナリスト)

 もし戦争となれば、どちらが優勢となるのか。軍事ジャーナリストが続ける。

「アメリカは1988年に当時のソビエト連邦と『中距離核戦力全廃条約』を締結している影響もあり、中距離ミサイルが圧倒的に不足している。そのため現状では中国の軍事力の方が上回るとみられているんです。その中距離ミサイルの配備も含め、日本も今後、ますます厳しい対応を迫られることになるでしょう」

 台湾有事が勃発すればアメリカ軍が沖縄を拠点にする可能性が高く、決して他人事ではない。

(ケン高田)

カテゴリー: 政治   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
川藤幸三が阪神×ヤクルト戦解説「実況アナをブチ切れ恫喝」に退場勧告
2
ベルーナドームは過酷すぎる…西武「札幌移転」再燃で「ゼロからチームを作り直せ」ファンの懇願
3
救急車出動!広島マツダスタジアム「球場観戦離れ」が進む「地獄のデーゲーム」
4
西武が狙う「3度目の駆け込みトレード」高レベルの投手をヤクルトに放出して打てる野手を…
5
大宮アルディージャから「バロンドール」候補入りか!J3独走でアンチだらけのFW杉本健勇がついに覚醒