スポーツ

阪神「次期監督報道」で飛び出した「阪急タイガース」誕生のトドメ

 9月27日付の一部スポーツ紙で火ぶたが切って落とされた、阪神の次期監督をめぐる報道。現場から聞こえてくるのは「球団最後の聖戦」との声だった。

 来シーズンの1軍監督に内定したと報じられたのは、岡田彰布氏。早大から阪神にドラフト1位で入団し、掛布雅之、ランディー・バースらと共に、85年の日本一に貢献したスターだ。

 引退後はオリックスで助監督を経て、阪神に復帰。2軍監督、1軍コーチを歴任し、04年から4年間、1軍監督となり、優勝も果たしている。

「解説やスポーツ紙の評論では、主語を飛ばした独特のコメントが人気で、その野球観は突出している。鳥谷敬、藤川球児など、優勝メンバーを入閣させるにはもってこいの人材でもある」(球団OB)

 今シーズン序盤から来シーズン監督候補の1人として名前が挙がった背景には、球団親会社の阪急阪神ホールディングス・角和夫代表取締役グループCEOとの蜜月関係がある。球団関係者は、

「岡田氏と角氏はゴルフ仲間で、『週刊新潮』にはグリーン会談も報じられた。会社組織のトップである角氏が岡田氏を推薦すれば、同時期から平田勝男2軍監督を推薦していた球団案は簡単にひっくり返る状況だった」

 しかし、仮に岡田氏の監督就任が決定すれば、即ち、阪神球団の発言権はないと世間にさらされたも同然となる。

「今は球団内の主要部署にもホールディングスからの出向者が多くなったが、その大半は『大人しくしていたら、数年で戻す』と約束されてやってきた、モチベーションの低い人材ばかり。元はライバル会社だった阪急電鉄と阪神電鉄の役員は、今も水と油の関係。今回の一件でトドメを刺されそうです」(前出・球団関係者)

 事実上の「阪急タイガース」誕生は目前ということになる!?

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    まだそんなに料金払ってるの? 今さら聞けない光回線カンタン乗り換え術

    Sponsored
    231550

    「も~、うちのネット回線ってマジ遅いんだけど?ホントに光なの?」今年、大学受験を控える娘がプリプリした態度で怒鳴り込んできた。自室で受講していたオンライン塾の画面がフリーズしたという。M氏(51歳)は、妻と共働きで、高3の娘、中学2年になる…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
明石家さんま「日本サッカー界の恩人」がW杯特番に呼ばれなくなったワケ
2
オリックス・森友哉「巨人拒否発言」に原辰徳監督が「ナメてんのか」憤慨…これは来季の「遺恨対決」だ
3
体調悪化の渡辺徹を強引に引っ張り出した秋田大学の「致命的ミス」
4
鎌田がキレて久保は欠場…W杯サッカー日本代表に起きている「異変」
5
巨人「外国人獲りまくり計画」にOBが声を荒らげ猛反論