スポーツ

村上宗隆もヒヤリ!ヤクルト歓喜のビールかけで田口麗斗が絶叫した「禁断のセリフ」

 ヤクルトスワローズが9月25日、DeNA戦(神宮)で、ドラフト2位の新人・丸山和郁が放った左中間へのサヨナラ安打で、リーグ優勝を決めた。

 サヨナラでの優勝は15年のヤクルト以来となり、ルーキーがサヨナラ打で優勝を決めたのは史上初。試合後、多くのファンが客席で見守る中、選手たちは恒例の「ビールかけ」をグラウンドで行い、歓喜の泡にまみれた。

 そんな中、すでにズブ濡れになった左腕の田口麗斗が村上宗隆に勧められてビールを一気飲みすると、「まっずいわ、ビール!」と大絶叫。その姿が球場のビジョンに大映しになったのだ。これには「スポンサーのビールを『まっずい』ってマズいだろ(笑)」「正直すぎて、思わず笑ってしまった。スポンサーさん、どうか怒らないでくださいね」などと、ファンをヤキモキさせたのだった。スポーツ紙記者も苦笑しながら、

「ビールかけに使用するビールは常温ですから、田口も勢いで思わず『マズイ』と言ってしまったのかもしれませんね。通常、スポンサーの悪口は絶対に御法度ですが、歓喜に沸くグラウンドで思わず飛び出したひと言ですから、メーカーも泡と一緒に水に流したんじゃないでしょうか(笑)」

 チームのムードメーカーである田口はこれまでも、試合後のパフォーマンスでファンを楽しませてきた。最後に禁断のセリフまで飛び出すとは、根っからの盛り上げ役である。

(ケン高田)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    まだそんなに料金払ってるの? 今さら聞けない光回線カンタン乗り換え術

    Sponsored
    231550

    「も~、うちのネット回線ってマジ遅いんだけど?ホントに光なの?」今年、大学受験を控える娘がプリプリした態度で怒鳴り込んできた。自室で受講していたオンライン塾の画面がフリーズしたという。M氏(51歳)は、妻と共働きで、高3の娘、中学2年になる…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
明石家さんま「日本サッカー界の恩人」がW杯特番に呼ばれなくなったワケ
2
オリックス・森友哉「巨人拒否発言」に原辰徳監督が「ナメてんのか」憤慨…これは来季の「遺恨対決」だ
3
体調悪化の渡辺徹を強引に引っ張り出した秋田大学の「致命的ミス」
4
鎌田がキレて久保は欠場…W杯サッカー日本代表に起きている「異変」
5
巨人「外国人獲りまくり計画」にOBが声を荒らげ猛反論