政治

宮崎謙介<巷の陳情>突撃調査隊「安倍国葬の本当の様子を知りたい」

 テレビ各局やネット媒体が生中継した安倍元総理の国葬は、国民的ニュースとなりました。宮崎さんも参列されたことと思いますが、中にいた人にしかわからない様子をぜひ知りたいです。そして60%以上の国民が反対する中で強行されたことによる、今後の政権運営への影響は‥‥。

 安倍元総理の国葬に参列してきました。私は元衆議院議員として案内状が届き、出席した次第です。 

 当日は11時35分に衆議院第一議員会館の1階に集合し、随時、バスで武道館まで移動しました。バスはどうやら5、6台分まで用意されていたようです。

 会場には12時過ぎに到着。式が始まるのが14時なので、それまでは着席して開始を待っていました。

 私は式壇に向かって右側の二階席におりました。この席は、元衆議院議員の席なので、当選回数も問わず、一緒くたに同じエリアに座ることになりました。高村正彦自民党元副総裁や、河村建夫元官房長官、古賀誠元幹事長などの後ろに豊田真由子が座る、というような具合でした。シーンとしている中、唯一、目が合ったのが、河村先生。「久しぶりだね。こんなところで再会するのも、残念だねぇ」と声をかけられました。

 全く見たことがないような議員や、大阪の維新旋風によって、惜敗率50%未満で一期だけ当選した議員もいました。久しぶりに丸山穂高にも会い、挨拶を交わしました。

 印象としては、野党系の議員も多く出席していて、旧民主党の元議員も多く参列していましたね。その議員曰く「今の執行部も国葬に参加すればいいのに」。元職になると、呉越同舟という感じでしょうか。

 20分前になって、場内で司会者から式壇のモチーフについての説明があり、いよいよ式が始まる空気になってきました。皇室方の御入場から、昭恵夫人と岸田文雄総理の入場も、厳かに行われていました。

 友人としての菅義偉前総理のスピーチは、会場全体の感動をさらっていました。私の隣にいたベテラン議員も、すすり泣きで‥‥。

 その後、一人一人が献花をする時間になりましたが、皇室方から始まり、内閣総理大臣の歴々、現役閣僚、海外の要人の方々、現職の衆参議員、その後に私たちです。

 集合してから、またバスに乗って解散するまで、約6時間。式自体は華美ではなく、どちらかといえば質素な印象を受けましたが、いたるところに警察官が配備されており、警備にはお金をかけたな、という印象です。私は知人や友人から「テロに気をつけて」とか「後ろには注意して」と言われていましたが。

 私が帰りに地下鉄に乗った時、同じく家路に向かう警察官たちと遭遇しました。制服を着た状態で、自前のユニクロの紙袋を持っている姿が印象的でした(笑)。

 国論を二分する政策を常に進めてきた安倍総理らしい、と言えば語弊があるかもしれませんが、国葬までもが二分することになってしまいました。まだ議論が続くかもしれませんが、行く末をしっかり見守りたいと思います。

宮崎謙介(みやざき・けんすけ)◆1981年生まれ。早稲田大学商学部を卒業後、日本生命などを経て12年に衆院議員に(京都3区)。16年に議員辞職後は、経営コンサルタント、テレビコメンテイターなどで活動。近著に「国会議員を経験して学んだ実生活に即活かせる政治利用の件。」(徳間書店)。

カテゴリー: 政治   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ヤクルト・高津臣吾監督が頭を悩ます山田哲人「年俸5億円の大スランプ」と「三塁コンバート」
2
ロッテ・佐々木朗希「日本ハムに3対1の電撃トレード」謎の投稿が激論に!【2024年5月BEST】
3
【不可解】メッツ・藤浪晋太郎バッチリ投げているのに「60日間の負傷者リスト入り」の手切れ金放出
4
アメリカで今も大真面目に議論される「知的生物ヒト型爬虫類」が人間をマインドコントロール説
5
JR「青春18きっぷ」に異常事態!夏の発売が危うい「リミット」は6月20日