社会

「フジと韓流」密月のウラ全部書く(1)2000人がデモに集結

 俳優・高岡蒼甫のネット上での「フジテレビの韓流びいき批判」発言が思わぬ大騒動に発展している。今月7日には、フジテレビ前で2000人もの群衆がデモに参加。今後はスポンサー企業の不買運動にまで波及しかねない勢いなのだ。その裏には、フジテレビと韓流との常軌を逸した蜜月があったのだ──。


2000人がデモに集結
 俳優・高岡蒼甫(29)の〝つぶやき〟に端を発した「フジテレビの韓流偏向」の余波が依然として続いている。ここにきてインターネットでの検証を中心にフジテレビの露骨な〝韓流びいき〟ぶりが、次々に表ざたとなり、あちこちから批判が続出しているのだ。
  スポーツ紙文化社会部デスクが話す。
「人気女優の宮﨑あおい(25)の夫で、俳優の高岡蒼甫が7月23日にツイッターで『8は今マジで見ない。韓国のTV局かと思うこともしばしば』などとつぶやいて以来、文化人や政治家からも公共の電波を扱うフジへの批判が続出して、ついには視聴者による抗議デモにまで発展。今後はスポンサーの不買運動まで呼びかける騒動になっています」
 8月7日、フジテレビそばの公園には、「ノーモア韓流」を叫ぶ声が響き渡った。その多くはインターネット上での呼びかけに呼応した一般人がほとんどだったという。芸能ライターが話す。
「デモ自体は警察から許可が下りず、主催者側はミーティングと説明し、すぐに解散となりました。しかし、2000人余りも集まり、一部の参加者の呼びかけから、『散歩』と称する事実上の無許可デモが起きてしまいました。日の丸の旗を振ったり、『ノーモア韓流』などと叫びながら、フジテレビ周辺を1時間余り歩き回ってました。彼らはとりわけフジテレビの〝韓流サブリミナル〟に対して、強い不信感を抱いてましたね」
 サブリミナルとは、人間の無意識に働きかけ、特定の行動や感情を引き出す効果のこと。つまり、
「フジテレビは韓流に好奇心を持つように意図的に働きかけるような映像や音声を発信」しているという声が上がっているのである。
 これまでにもフジテレビの韓流寄りとも言える〝演出〟は高岡発言以前から再三取りざたされてきた。本誌前号でも指摘したとおり、長寿アニメ「サザエさん」の中で、今年のNHK紅白出場が確定と言われる人気ユニット「東方神起」のポスターが、さりげなく視聴者の目に留まるように放送されたりと、韓流寄りの演出が目立っているのである。
 前出の芸能ライターが続ける。
「7月7日の七夕に放送された『めざましテレビ』の中で、ササに短冊が飾られていたんですが、そこには『少女時代のようにきれいな脚になりたい』とか『KARAのライブに行けますように』とさりげなく書かれていたそうです。また、バラエティ番組で、どういうわけか韓国の国旗が映り込んでいたり、番組の一部セットが国旗のデザインを彷彿させる装飾だったこともあった」
 フジテレビ側は、こうした「韓流サブリミナル」について「特定の意図はない」としているが、違和感に満ちた演出は、これだけにとどまらない。さる放送作家が話す。 「系列局の東海テレビで、8月11日に放送されたドラマ『明日の光をつかめ2』では、スーパーの中の商品に『KARAメール会員様特別商品』という貼り紙がされていたんですが、通常なら『空メール──』でしょう。K.POPの『KARA』を意識した演出に取れますよね」
 単なる偶然なのか。それともキー局ぐるみのサブリミナルなのか。それにしても度の過ぎるフジテレビの「韓流寄り」とも言えるスタンスに、視聴者から疑問の声が上がるのも、けだし当然と言えよう。

カテゴリー: 社会   タグ:   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
あの「号泣県議」野々村竜太郎が「仰天新ビジネス」開始!「30日間5万円コース」の中身
2
3Aで好投してもメジャー昇格が難しい…藤浪晋太郎に立ちはだかるマイナーリーグの「不文律」
3
高島礼子の声が…旅番組「列車内撮影NG問題」を解決するテレビ東京の「グレーゾーンな新手法」
4
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
5
皐月賞で最も強い競馬をした3着馬が「ダービー回避」!NHKマイルでは迷わずアタマから狙え