政治

金正恩「ミサイル乱射」の裏に「北朝鮮製シャブ爆騰」因果関係(4)北の外貨稼ぎが日本を食い物に

 ちなみに、一度、大陸を経由してしまえば原産国は不詳になる。

「例えば、北朝鮮から中国に渡ったシャブがマレーシアを経由して日本に渡ったとするわな。その場合、マレーシア産になる。経由した国ごと、“混ぜもの”の配合や梱包事情は千差万別や。宮崎県で生まれた仔牛が、松阪牛や神戸牛みたいなブランド牛に化けさせられるんと近いニュアンスやな。俺らに化学の力があれば、成分ごとに厳密な産地を分類できるかもしれんけど、そんな技術も手間もないから判断つかんわ。ちなみに、マレーシア産の特徴は魚くさいのが多いぐらいやわ」(X氏)

 つまり、上モノが入ってくる数が増えるとは限らない一方で、知らず知らずのうち、日本を食い物にする北朝鮮の外貨稼ぎがはびこっていくようなのだ。

 時には別の品物にカモフラージュされることもしばしばあるという。

 違法薬物事情に詳しい、別のアウトロー関係者が語る。

「北に次いで日本に流れてくるメキシコ産は、酒に溶かして運ばれてくるな。鍋なんかで炊いて、結晶に戻して売るんだ。トルコを経由したパターンだと、木炭やサンダルに練り込ませたケースもあったな。とにかく、最近の梱包状態は巧妙化してるよ」

 一方、大量仕入ればかりではリスクも大きく、物流の主流になるのはあくまで“人海戦術”らしい。

「ここで大活躍するのはオンナだよ。ポリ袋に小分けしたシャブをコンドームに包んで、アソコに突っ込むわけだ。リモコンバイブを入れるのと同じ要領(笑)。1人あたり100グラムだとしても10人集まれば1キロになるわな。赤ん坊がいれば抱っこ紐の中に仕込むのもひとつのやり方だよ。さすがに税関も赤ん坊をダシにしてまで密輸するとは考えないだろうよ」(アウトロー関係者)

 どれだけ駆逐されても、闇商人は必ず蘇ってくる。ミサイルの雨が降り続く中、日朝の極悪タッグは水面下でがっちりと手を結び合っているのだ。

カテゴリー: 政治   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
楽天に蔓延する「田中将大は不要」電撃退団後にプライドを捨てて「テスト入団」を!
2
イギリスに実在した「世界最恐のサイコパス双子姉妹」ジューンとジェニファーの「双子語」狂乱人生
3
「ヤリ投げ投法」で故障離脱のドジャース・山本由伸に「球団が契約破棄できるオプトアウト条項」あり【2024年6月BEST】
4
吉沢京子「芦屋夫人」を捨てた離婚と「中村勘三郎との6年愛」仰天告白/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
5
韓国から「出ていけ!」ホン・ミョンボ代表新監督への〝ウソつき呼ばわり〟は日本人選手がキッカケだった